大量の抜け毛に繋がる事もある頭皮の痛みの原因5つ

大量の抜け毛に繋がる事もある頭皮の痛みの原因

薄毛の悩みを抱えているときに、頭皮に強い痛みがあると、髪が大量に抜けて薄毛が進むのでは?と不安になりますね。

痛みの場所が頭皮だけに、毛根に何らかの悪影響を与えるように感じますが、ちょくせつダメージを与える場合と、間接的に与える場合に別れます。

頭痛のような痛みではなく、頭皮の表面が痛む原因について紹介します。

カラーリングやパーマの影響

%e5%a4%a7%e9%87%8f%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e3%81%ab%e7%b9%8b%e3%81%8c%e3%82%8b%e4%ba%8b%e3%82%82%e3%81%82%e3%82%8b%e9%a0%ad%e7%9a%ae%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0-1

カラーリング剤に含まれている「パラフェニレンジアミン」という化学物質は毒性が強く、アレルギー症状をもたらす原因にもなり得ます。

以前は髪を染めても何ともなかったが、知らない間にアレルギー体質に変わってしまい、染めると痒みやかぶれが起きるようになったという人も少なくない。

頻繁に染めるのも控えたほうがいいですが、出来るだけ頭皮に付けないように、自分で染めたり知り合いに染めてもらったりするのではなく、美容師などの専門家に染めてもらいましょう。

また、パーマも液体を化学反応させることによってパーマをかけるのですから、頭が化学工場のような状態になり、毛根にダメージを与えます。

これらが原因で頭皮に痛みがある場合は、抜け毛の増加につながります。

乾燥肌や敏感肌

大量の抜け毛に繋がる事もある頭皮の痛みの原因-2

敏感肌はセラミドが不足して、ちょっとした刺激でも肌内部に伝わりやすい状態。

もともと乾燥肌の人は敏感肌に移行しやすく、頭皮も肌の一部ですから保湿力がなくバリア機能も低下しているため、整髪料やシャンプーなどでも痛みを感じやすい。

頭皮に柔軟性がないため、頭皮が引っ張られたようなヒリヒリした痛みとなることもあるため、低刺激のシャンプーに変更したり、保湿力が高いホホバオイルを利用したりして頭皮を保湿しましょう。

頭皮が血行不良で代謝が悪い

大量の抜け毛に繋がる事もある頭皮の痛みの原因-3

薄毛の人は血流が悪くて頭皮が硬い場合が多く、不要となった毒素などの代謝がうまく行かずに、頭皮の痛みやむくみとなる場合もあります。

血流が悪いと温かい血液が毛細血管まで運ばれず、頭皮が冷えてあらゆる細胞の活動が低下してしまう。

ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)も乱れて、古い角質に覆われるため、髪の成長を阻害してしまう。

血行不良や代謝の低下には筋肉が大きく関係しているため、運動をまったくしないというライフスタイルでは、髪が育ちやすい柔軟な頭皮状態にならない。

また、デスクワークで同じ姿勢を長時間続けて、首こりや肩こりから血行不良となる場合もあるので注意したいですね。

終わりに

頭皮の痛みは毛根にストレスを与えることには違いないので、思い当たることがあれば改善しておきたいですね。

場所が頭だけに痛みが続くようであれば、病気が隠れている場合もあるため、医師に相談することをおすすめします!

こちらも一緒に読まれています

頭皮がピリピリしてフケが多いと抜け毛が増える理由&対策!

なぜ頭皮が乾燥すると痛くなるのか?ピリピリした痛みの改善法!

薄毛だとフケがなぜ多くなる?原因と対策!

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

SBC毛髪再生医療センター
ページ上部へ戻る