ヘアカラーよる薄毛のリスクは?髪が細くなる原因はこれ!

%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%88%e3%82%8b%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e3%81%af%ef%bc%9f%e9%ab%aa%e3%81%8c%e7%b4%b0%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%8e%9f

ヘアカラーすると、「薄毛になりやすい?」と心配される方も多いようです。

そりゃそうですね、髪が傷むのは明らかですし、髪が細くなるのもヘアカラーをしていれば、ほとんどの人が経験することなので、髪のボリュームダウンから薄毛。と考えるのは、ごく普通のこと。

ヘアカラーすることにより、なにが薄毛のリスクとなるのか?髪が細くなる原因と一緒にまとめてみました。

ヘアカラーによるダメージとは?

ヘアカラーよる薄毛のリスクは?髪が細くなる原因はこれ!-1

目につくダメージとしては髪そのものですが、目に見えない毛根もヘアカラーをすることでダメージを受けています。薄毛の要因になるのは、髪のダメージではなく毛根のダメージですね。

 

髪の毛へのダメージ

一般的なヘアカラー剤は髪表面のキューティクルをこじ開け、髪に色をつけるというもの。

キューティクルが開くと、髪内部から水分やタンパク質が流出して、髪が細くなる。さらに回数を重ねれば、当然キューティクルがはがれて髪の傷みとなります。

わりと髪の傷みが少ないヘアマニキュアでも、髪表面に沈着したカラー液と一緒にキューティクルまではがれることも。

いったん傷んでしまった髪は、すでに死んでいる組織なので修復できないですが、新しく生えてくる髪には影響しないので、髪へのダメージが薄毛には影響しないですね。

ただし、髪が細くなったり切れやすくなったりするので、毛密度が少ない人は薄毛に見えるようになるかもです。

 

毛根へのダメージ

ヘアカラーする際、ヘアカラー剤を頭皮につけず髪だけ、というのはプロの美容師でも難しい技術ですから、どうしても頭皮についてしまう。

ヘアカラー剤が毛穴をつまらせて、毛が生える土壌である頭皮の状態を悪くして、抜け毛や薄毛につながる可能性があります。

口から入った体に悪いものは、ほとんどが排出されますが、毛穴から入ったものは排出されず蓄積してしまう。

化学物質の侵入を防ごうとして毛穴は閉じても、分子の小さい化学物質は隙間から毛根に侵入するため、それが微量でも回数を重ねると、相当な有害物質がたまります。

そうなれば、細胞分裂を繰り返して髪を生みだす毛母細胞の活動にも支障をきたし、丈夫で太い髪が生えなくなり、抜け毛も増えます。

つまり髪の傷みではなく、頭皮に与えるダメージが薄毛のリスクを引き上げます。

ヘアカラーの種類と髪への影響

ヘアカラーは種類により染まるプロセスが異なってくるので、髪のうけるダメージは違ってきます。

 

ヘアカラー

一般的に美容院で染めるヘアカラーはこのタイプ。

髪の表面にヘアカラー液を塗ると、キューティクルが開いて髪内部にまで浸透していき、髪内部のメラニン色素を分解して染料を沈着させる。それにより、髪色が変わります。

髪を保護しているキューティクルと、髪の太さを決める内部のコルテックスを強制的に変化させるわけですから、髪がボソボソになったり切れたりして傷みます。

ちなみに髪の構成は外側からキューティクル、コルテックス、メデュラとなっており、髪のほとんどを占めるのが内部のコルテックス。つまりコルテックスで髪の太さが決まります。

 

ヘアブリーチ

ヘアブリーチは染料を沈着させるのではなく、髪の色素を抜く脱色剤。

ブリーチ剤が髪の内部まで浸透していき、髪内部のメラニン色素が抜けることで、黒から茶色、金色といった具合に、時間の経過とともに明るい色に変化していく。

キューティクルをこじ開け、コルテックスに大きな影響を与えるのはヘアカラーと同じで、髪の栄養分も一緒に逃げてしまい、傷むと同時に髪が細くなっていきます。

頭皮につくと、熱を感じたり痛みを感じたりする場合もあり、頭皮にはヘアカラーよりもダメージを与えます。

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の表面に沈着させて色をつけます。

つまり、髪内部には影響を与えず、キューティクルを覆うように色をつけるため、髪の傷みは少ない。

しかし色落ちが早いため、染める回数が多くなれば、頭皮にダメージを与える化学物質が多くついてしまうため、頻繁に染めるのは控えたほうがいいですね。

 

ヘナカラー

ヘナは天然の染料で、ヘアマニキュアのように髪表面に沈着させて色をつけます。

天然の染料なのでヘナは髪を傷めないですが、化学染料のように思ったようには染まらないのが欠点。ヘナのオレンジ系の色が黒髪の上にのるだけなので、白髪の場合はオレンジ色になります。

そういった欠点を補おうと、なかには化学染料を混ぜた商品もありますが、薄毛のことを考えれば、髪や頭皮にはいちばん良い方法ですね。

ヘアカラーする際の注意点

%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%88%e3%82%8b%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e3%81%af%ef%bc%9f%e9%ab%aa%e3%81%8c%e7%b4%b0%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%8e%9f

ヘアカラーの頻度を減らす

ヘアカラーが髪や頭皮にあたる影響を考えれば、基本的にはヘアカラーする間隔をあけるほうが良い。

わりとダメージの少ないヘナカラーでも、天然素材は腐るので防腐剤が含まれているでしょうし、製品安定剤などの添加物も含まれているため、頭皮にたくさん付着すればどのヘアカラー方法でもよくはないですね。

 

自宅で染めない

安く済むからといってヘカラーを自宅で染めると、頭皮にたくさん付着してしまい、頭皮に与えるダメージも大きくなります。

市販のヘアカラー剤は、だれでも簡単に染められるようにできていますが、裏を返せば、それだけ強い化学染料が含まれているから。髪が傷むのと比例して頭皮も傷むため、プロの美容師にお任せしましょう。

 

これ以上ダメージを与えないシャンプー選び

頭皮にいいスカルプシャンプーの利用がおすすめ。とはいっても、頭皮にダメージを与えるスカルプシャンプーはたくさん存在するので注意。

洗浄成分が高級アルコール系(石油系界面活性剤)という場合が多く、石油系界面活性剤が頭皮に残ると、さらに頭皮のダメージにつながります。

洗浄成分が頭皮にやさしいアミノ酸系のスカルプシャンプーを利用して、頭皮をいたわりましょう。

まとめ

ヘアカラーは髪が傷むことで薄毛となるわけではなく、頭皮を傷めつけて毛根にダメージが蓄積するため、薄毛になりやすい頭皮環境となります。

頭皮環境の悪化は髪を生みだす細胞の活動低下に直結するので、頭皮をケアするとともに、ヘアカラーの回数を減らす心がけは常に持っておきましょう。抜け毛が多くて薄毛が心配ならなおさらですね。

こちらの記事も一緒に読まれています

薄毛だとフケがなぜ多くなる?原因と対策!

大量の抜け毛に繋がる事もある頭皮の痛みの原因5つ

頭皮がピリピリしてフケが多いと抜け毛が増える理由&対策!

なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る