タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

喫煙習慣は健康だけでなく、髪にも悪影響を及ぼすのは何となくわかりますが、どのくらい悪いのでしょうか?

薄毛だからといっても、なかなか止められない方が多いのも事実。タバコが抜け毛や薄毛の原因になる根拠をまとめてみました!

喫煙で脱毛の元凶ホルモンDHTが増加する

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

ハーバード大学の公衆衛生学部が1241人を対象に行った調査によれば、喫煙者と非喫煙者との比較調査を実施したところ、喫煙者のほうにDHT(ジヒドロテストステロン)値が13%も高いという結果が出ています。

髪の成長を止めてしまうDHTは、男性ホルモンが5αリダクターゼ(還元酵素)と結びついて変化したホルモン。

喫煙により男性ホルモンが増加するのか、5αリダクターゼの結びつきが強くなるかは定かではないですが、どちらにしてもAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTが増えることは間違いないですから、ハゲ確率が高くなります。

喫煙が毛根を萎縮させる

タバコに含まれるニコチンにより毛細血管が収縮してしまうと、毛根が酸素や栄養素を受けとれなくなり、毛包が萎縮してしまう。

髪の生成工場である毛母細胞も元気をなくしてしまうため、髪が成長する前に抜け落ちやすくなります。

さらにタバコを1本吸うと体温が2℃も低下するといわれており、髪に関わる細胞の分裂が鈍くなり、髪や頭皮トラブルのリスクが高まります。

喫煙はビタミンを消費する

タバコを吸うたびにビタミンはどんどん消費されてしまう。

タバコ1本でビタミンCは約25mg消費され、1箱では500mgも体内から消えてなくなる。

さらにビタミンCだけではなく、髪の合成を助けるビタミンB群や細胞を元気にするビタミンEまで消費されてしまうため、髪の生成に不具合が生じやすくなります。

これらのビタミンは髪だけでなく、健やかな頭皮を育むためには必要な栄養素ですから、頭皮が乾燥したり免疫力が低下したりする原因となり、髪が生えにくい荒れた頭皮となります。

肝臓にも負担がかかり髪の栄養素が生み出せなくなる

タバコに含まれるニコチンやタールなどの有害物質は、肝臓で無毒化されるため、それだけ肝臓の負担が多くなる。

肝臓は食事などから体内に取り込まれた栄養素を貯蓄し、必要に応じて血液中に栄養素を送りだす働きもあるため、喫煙による有害物質の解毒に追われると、髪の合成に欠かせない栄養素がうまく生み出せなくなる。

もともと体内の栄養素配分は、生命維持に必要なところからの優先的に使われるため、肝機能が低下すると髪にまで栄養素が届きにくくなります。

まとめ

・喫煙は脱毛ホルモンとも呼ばれるDHTを増やす。

・血行不良や頭皮温度の低下で毛根が萎縮してしまう。

・喫煙は髪の合成に欠かせないビタミンを消費する。

・肝臓に負担をかけたり肝機能が低下したりして、髪の合成に関わる栄養素がうまく生みだせなくなる。

健康な体に丈夫な髪が育つのですから、体に悪いことしかない喫煙は薄毛の人ならかなりヤバイ行為ですね。

出来ることなら禁煙に挑戦したほうがいいですが、育毛にこれだけのデメリットがあるのですから、本数を減らすという努力だけでも、抜け毛を減らす効果くらいは期待できそうですね。

こちらも一緒に読まれています。

意外と知らないハゲ予備軍が始める10の育毛法の問題点!

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

薄毛から脱却するための5つの新育毛習慣!

薄毛、AGA治療を始める効果的なタイミングと重要ポイント!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

SBC毛髪再生医療センター
ページ上部へ戻る