ハゲが多い職業とは?回避するための薄毛予防対策はこれ!

職業がらハゲても仕方がないと考えている人も多いですが、髪にマイナスとなることを抱えているから、仕事によって薄毛になるのです。

裏を返せば、マイナスとなることに目を向けるだけで、ハゲを回避できることを意味しているわけですから、出来ることから対策するだけでも避けられる現象ですね。

ハゲ・薄毛の原因は様々な要因な複雑に絡み合って起きますが、「遺伝」「ストレス」「生活習慣」「食生活」「頭皮ケア」などが要因として挙げられます。

薄毛率の高い職業と、その予防対策についてまとめてみました!

薄毛率の高い職業

【1位】 企画、マーケテイング(66.7%)

おどろきの薄毛率なのが、「企画、マーケティング」。10人に6人は薄毛であるという結果。ハゲが普通に思えてしまうレベル。

まわりが薄毛の人ばかりだと、予防対策など考えもしないから、さらに薄毛確率が高くなるのでしょう。

この職業は1日24時間つねに仕事のことを考えているため、自律神経の交感神経がつねに優位にたっている状態。

髪が成長するためには、成長ホルモンが大量に分泌される副交感神経が優位になる状態をつくり出さないと髪は育たないので、どんどん薄毛になっていきます。

自律神経は、日中はたらく交感神経と睡眠中にはたらく副交感神経のバランスで保たれていますが、リラックスできない状態で睡眠につけば交感神経が働いてしまい、眠りの浅い睡眠となって成長ホルモンの分泌が減ります。

さらに睡眠時間も少ないですし、ストレスも相当なもの。どちらも自律神経の乱れの原因になるため、成長ホルモンの分泌が減って髪が成長する条件が整いません。

また、まともな食事の時間もとれないため、偏った栄養となるだけでなく、食べ物をかむ咀嚼回数も減るので血流が悪くなりやすい。咀嚼回数は体内への吸収を高めてホルモンの分泌にも影響します。

つまり、企画、マーケテイングという職業は、薄毛要因である「ストレス」「生活習慣」「食生活」「頭皮ケア」が当てはまってしまうため、薄毛率が高くなるのでしょう。

仕事がらすべて対策することはできないですが、とくに睡眠に気遣いするべきですね。

短い睡眠時間でも深く眠ることができれば、深い睡眠に比例して分泌される成長ホルモンも増えるため、リラックスできる睡眠を心がけたいです。

【2位】 営業(56.7%)

自律神経が乱れる原因となるストレスを多く生む「営業」も2人に1人が薄毛。

しかし、売上さえあげれば自由になる時間も多く、ストレスどころか楽しめる営業をいう職ですから、薄毛要因は食生活が大きいように感じますね。

とくに、付き合いで大量にお酒を飲む機会が多いため、過剰飲酒による髪の栄養素がしっかり生成されなくなることが薄毛要因。

アルコールは体内にアルデヒドという毒素を生みだすため、この毒素の代謝に体内の栄養素が大量に消費されてしまい、髪の栄養素不足となります。

さらに肝機能の低下にもつながるため、髪の材料は肝臓で生み出されており、過剰飲酒をすればするほど、抜け毛が増える。利尿作用から体も冷やすため。

予防対策としては、禁酒は難しいですからお酒の量を減らすこと。とくに飲酒は睡眠3時間前までにしましょう。

なぜなら、アルコールは3時間後に体内でアルデヒドにかわるため、睡眠中にアルデヒドの代謝に臓器がはたらいていると、成長ホルモンが分泌されず、体内の栄養素も臓器にまわってしまい、髪は細くなり抜け毛が増えるためです。

薄毛率の低い職業

【6位】 IT専門職(37.5%)

「IT専門職」といえば自由な時間があり、好きなことをしているからストレスをあまり感じないイメージなので、やはり薄毛率は低いです。

日本人の男性薄毛率は25%くらいといわれているので、37.5%は少し高い感じですが、調査データの誤差の範囲でしょう。

まわりの人に薄毛の人が少ないですから、「頭皮ケア」に気遣いするでしょうし、仕事に縛られず薄毛予防にも励めるため、薄毛はその人の裁量しだいですね。ハゲは遺伝の影響も大きいですが、生活習慣や食生活しだいで薄毛の予防は可能です。

まとめ

・企画やマーケテイング、営業は薄毛率が高い。

・IT専門職は薄毛率が低い。

・職業からしてもハゲは遺伝的要因だけではなく、生活習慣が大きく影響する。

・裏を返せば、育毛にデメリットとなっている部分を対策することで予防できるという証し。

ハゲに対する意識も薄毛率を高めているように感じますが、あるはずのモノが無くなるというのは一般的にはコンプレックスとなるので、少しでも髪に未練があるなら、あきらめずに予防対策だけは実行していきましょう!

こちらも一緒に読まれています

毛髪再生の専門家からみた薄毛にまつわる都市伝説の真実はこれ!

放置すればハゲ?急に脱毛や抜け毛が増える病気をまとめてみた!

薄毛だとフケがなぜ多くなる?原因と対策!

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

この記事の著者

すどう ゆうき

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

SBC毛髪再生医療センター

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る