なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!

なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!

最近ヘアセットが決まらないどころか、コシがなくなって細くなっている。

毛髪量は同じでも髪が細くなってしまうと、髪にボリュームを出すのに時間がかかってしまいますね。

生え際が少し広がり、髪がどんどん細くなっていくはどうしてなのか?髪を太く健康な状態にするにはどうしたらいいのか?そんな事ばかり考えてしまいます。

見た目のイメージダウンになる原因と、太い髪にするために必要な事をまとめてみました。

なぜ髪は細くなるのか?

なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!

髪を生み出しているのは毛包ですが、この毛包が萎縮して小さくなれば、そこから生える髪はとうぜん細い毛になります。

では、なぜ毛包が萎縮していくのでしょうか?

髪の毛は毛母細胞の分裂により成長しており、その指令を出しているのが毛乳頭細胞。

いくら発毛指令を出しても、受けとる髪の生成工場が元気でなければ細くなりますし、生成工場が元気でも発毛指令が少ししか出なければ、しっかり育つ前に抜け落ちてしまう。

つまり、発毛指令がしっかり出て生み出す工場が健全な状態でないと、健康な髪は育ちません。

ヘアサイクルは「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」⇒「成長期」…といった感じで繰り返されており、成長期が3~6年、退行期が2~3週間、休止期が3~4ヵ月。

このヘアサイクルの成長期が短くなると、毛母細胞が元気をなくし、毛包が萎縮して細い髪しか生えなくなります。

髪の太さってどのくらい?

太い髪と細い髪、実際にはどのくらい違うのか?気になりますよね。

太い髪は0.11~0.25mm

普通の髪は0.08~0.10mm

細い髪は0.05mm~0.09mm

髪1本の太さが普通の人より0.03mm細いと考えると、大したことないように感じますが、髪は100万本以上あるので大きな違いになります。

0.03×100000mm=3000 mm、単純に考えると3メートルの違いになってしまうため、スカスカな髪といったさみしいイメージになります。

ちなみに髪の構成は、外側から「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」となっており、髪のほとんどを占めているコルテックスが髪の太さに影響しています。

ヘアサイクルが乱れる要因

男性の場合であれば、AGA(男性型脱毛症)が疑われるため、髪が細くなるのは遺伝的要因が大きいですが、いくら遺伝を受け継いでいても、兄弟でハゲとフサフサが普通に混在するのですから、女性と同じように他にも要因があります。

・毛根部の栄養不足

・頭皮ダメージの蓄積

栄養不足といっても、単純に体内の栄養が足りていないだけではなく、血行不良や髪の栄養素を生みだす機能の低下、受けとる器官の低下も栄養不足になります。

頭皮のダメージは毛根周辺部の発毛環境の悪化。

これらを改善しないと、どんどん細くなっていく髪を止めることは出来ず、髪のボリュームがなくなるだけでなく、やがて薄毛からハゲ。

太い髪にするために必要なこと

・バランスの良い食事

・質の高い睡眠

・軽い運動

・頭皮ケア

この4つがとくに重要になってきます。

バランスの良い食事

髪のほとんどを占めているのは、ケラチンというタンパク質。だからといってタンパク質をたくさんとっても、体内に吸収されるとアミノ酸に分解されるため、ケラチンに合成されるにはビタミンやミネラルが必要。

特定の栄養素だけでなく栄養バランスを考えないと、髪の合成に関わる器官や機能が向上しません。

 

質の高い睡眠

なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!-3

睡眠は身体の修復や成長を担っており、とうぜん髪の成長にも大きく影響します。

ストレスの緩和やホルモンバランスの安定なども担っており、せっかくバランスのとれた食生活を送っていても睡眠がダメだと、髪に栄養が行き届かなくなります。

単純に睡眠不足はNGですが、長く眠るより深く眠ることが大切。深く眠ることで成長ホルモンが大量に分泌されるため、その刺激により髪を成長させるホルモンも大量に分泌され、体内の栄養素が髪の成長に関わる器官に行き渡ります。

浅い睡眠になれば成長ホルモンも少なくなり、髪の成長に支障がでます。

 

頭皮ケア

髪自体はケアするけど、意外と怠ることの多いのが頭皮ケア。

乾燥した硬い頭皮では、ちょっとした刺激でもダメージが毛根に伝わってしまい、髪の生成の関わる細胞の分裂にも支障がでます。

フケが多く不衛生、免疫力が下がり頭皮がかゆい、皮脂分泌が多くなり酸化皮脂が毛穴をふさいだりして、頭皮ニキビができたりかぶれたり。

髪が生える土壌である頭皮はしっかりケアしていかないと、細い髪しか育たなくなります。

それにはシャンプー選びも重要ですし、シャンプー方法も大切。適切なケアをしているか、方法やケア商品を見直してみましょう。

 

軽い運動

なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!

血行や代謝の促進に関わってくるのが体を動かすこと。頭皮の血流はもちろん、体全体の血流が悪いと、栄養や酸素が細胞の活性化をうながせません。

体内に溜まる毒素はしっかり排出して、髪の再生や皮膚の再生が正常に行われる体質でなければ、健康な髪にならない。

それを助けてあげるのが、ウォーキングなどの有酸素運動。睡眠の質も高めてくれるので、毎日とまではいかなくても、定期的に行うべきですね。

まとめ

何事も基本がしっかりできていないとうまく行かないですから、ケア商品を利用するのはいいですが、髪が太くなるための土台つくりもしっかり実践していきましょう。

髪にはヘアサイクルがあるので、すぐには効果があらわれないのは当然。地道な行動が太い髪が育つ体質に昇華させます。

もっと早く丈夫で健康な髪が欲しい方は、AGAクリニックで相談してみることをおすすめします。

⇒ おすすめAGA治療クリニック比較ランキング!

こちらの記事もよく読まれています

知らないとハゲが進む睡眠と薄毛の関係!

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

頭皮が痛いのは何が原因?可能性が高い順に対策も含めて紹介!

薄毛だとフケがなぜ多くなる?原因と対策!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

SBC毛髪再生医療センター
ページ上部へ戻る