知らないとハゲが進む睡眠と薄毛の関係!

%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%83%8f%e3%82%b2%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%82%80%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%a8%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%ef%bc%81

しっかり睡眠時間をとっているけど、翌朝おきるのがつらい!

そう思っているあなたは、知らないうちにハゲの進行を促している可能性があります。

睡眠は日中の肉体的、精神的な疲れをとるとともに、毛髪の成長も司っているため、疲れがとれていない悪い睡眠ばかりとっていると、毛髪にもダメージを与えてしまう。

髪が成長するゴールデンタイムが22時から2時といわれているので、この時間帯に眠ればいいといった考えでは、髪は育つどころか、薄毛が進みます。

薄毛で悩むなら、絶対おさえておきたい髪が育つ睡眠について紹介します。

睡眠中に髪が育つ理由

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?-1

睡眠中には成長ホルモンが大量分泌されるため、日中疲れた身体を修復してくれます。

この成長ホルモンの刺激により、髪の生成に関わるホルモンも分泌されるので、髪がすくすく育つのですが、深い眠りになればなるほど、成長ホルモンは大量に分泌されるという特徴があります。

さらに、眠りはじめの3時間は深い眠りに入るため、この時に成長ホルモンがより多く分泌され、精神的な疲れや肉体的な疲れを修復してくれます。

22時から2時が髪のゴールデンタイムといわれるのは、この時間帯に眠りに就く人が多いため。ちなみに肌のゴールデンタイムといわれる由縁も同じ理由から。

つまり、時間帯が重要ではなく、いかに深い睡眠がとれるかが重要。

仮に時間帯が重要であれば、昼夜逆転した生活をしている人は、薄毛の人が多くなるハズですが、実際にはそういった偏りはないですから、時間帯を重要視していたら勘違いしたまま、どんどん髪がなくなっていきます。

翌朝体がだるい人は要注意

%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%83%8f%e3%82%b2%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%82%80%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%a8%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%ef%bc%81-1

成長ホルモンが髪の成長に大きく関わっているのですから、睡眠時間を十分にとっていても朝おきた時に不快な状態であれば、決して良い睡眠とは言えないので、髪にダメージを蓄積させている原因に。

成長ホルモンは肉体的な修復だけでなく、精神的な修復も担っているため、翌朝気持ちよく起きれないという人は、髪の生成工場である毛母細胞の分裂にも支障がでます。

それが抜け毛に繋がり、いつまでもそんな睡眠を続けていると、やがては毛包が萎縮してしまい、細い弱い毛ばかりになってしまいますね。

どうすれば深く眠れるのか?

加齢とともに睡眠障害で悩む人が増えており、「なかなか寝付けない」「夜中に頻繁に目が覚める」「短時間しか眠れない」といった人。

若くても、「プレッシャーに弱く、悩み事があると寝つきが悪い」「眠る寸前までゲームをしており、脳が覚醒状態でなかなか眠れない。もしくは夜中にすぐ目が覚めてしまう」といった人。

睡眠を邪魔する誘惑がおおい現在の環境では、意外と深く眠るのは難しいですが、以下のことに留意すれば、今よりは改善されます。

%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%83%8f%e3%82%b2%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%82%80%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%a8%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%ef%bc%81-2

・寝室はリラックスできる環境を整える。

・テレビやパソコン、ゲームなどは睡眠30分前までにする。

・食べ物、飲み物は就寝30分前までにする。

・カフェイン飲料(コーヒー、紅茶、緑茶、清涼飲料水)は就寝3時間前までにする。

・飲酒は3時間後にアルデヒドという毒素に変わるので寝酒はNG。

・お風呂はシャワーだけで済ませるのではなく、湯船にしっかりつかる。就寝1時間前が理想。

・軽い運動を習慣付けする。

・朝日をしっかり浴びることで体内時計がリセットされ、寝つきやすくなります。

臓器を動かしてしまうと、睡眠の妨げになると同時に体内の栄養素が臓器に使われてしまい、毛根に届かなくなるので、寝る直前の食べ物や飲み物は控えるべき。

寝つきが悪い人であれば、深部体温が急激に1度下がると眠くなるカラダの性質を利用するのが良眠のコツ。いったん深部体温を上げてやると、人間の体は下げようとするので、一気に深部体温が下がり眠くなります。

まとめ

・眠りの浅い睡眠はハゲが進行する。

・十分に眠っても疲れが修復されないのは浅い睡眠の証し。

・深く眠る習慣付けが育毛を促す。

たかが睡眠ですが、人生の3分の1を占める睡眠ですから、それなりの役割があるのは当然。健康な身体を維持させる働きとともに、健康な髪を育む役割もあります。

睡眠時間は十分にとっているから大丈夫ではなく、質のたかい睡眠を心がけてハゲ予防をしましょう。

こちらも一緒に読まれています

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

大量の抜け毛に繋がる事もある頭皮の痛みの原因5つ

頭皮がピリピリしてフケが多いと抜け毛が増える理由&対策!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る