脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

薄毛の悩みは男性だけでなく女性にも拡大しており、その原因の大半を占めるのが男性ホルモンの存在。

女性の薄毛の場合であれば、女性ホルモンの減少により髪のトラブルとなることが多いので、女性ホルモン(エストロゲン)を補ってホルモンバランスを整えてやれば改善されることが多い。

しかし男性の薄毛の場合、もともと血液中の男性ホルモンの濃度が高いため、過剰な男性ホルモンは髪の成長を止めてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されやすくなる。

これが女性の薄毛と違い、AGA(男性型脱毛症)の改善を難しくしている要因ですね。

とはいってもライフスタイルを見直すことで、過剰な男性ホルモンを減らすことは可能ですから、諦めないことが大切。男性ホルモンを減らす方法を3つ紹介します。

なぜ男性ホルモンがAGAの原因になるのか?

成人男性の薄毛の90%以上はAGA。その原因となるのが、毛周期の成長期を短くしてしまうDHT。

毛周期は成長期⇒後退期⇒休止期⇒…といったサイクルを繰り返しており、健全な毛髪であれば、成長期は3~6年といわれているが、AGAになると1~2年で後退期に移行してしまう。

その原因的存在のDHTは、男性ホルモンが5αリダクターゼ(還元酵素)と結びついて生まれるため、過剰な男性ホルモンは脱毛がすすむ原因になります。

ですから、男性ホルモンの抑制が脱毛症に欠かせないといわれる由縁。

ただし、血液中の男性ホルモンの濃度が高くても、毛根に存在する5αリダクターゼ(還元酵素)と結びつかなければ、脱毛させてしまうDHTは生まれない。

毛根の5αリダクターゼの量と、その結び付きやすさは遺伝的要因が大きいため、ハゲる素質を受け継いでいる方は過剰な男性ホルモンが脱毛症に繋がりやすくなります。

男性ホルモンを減らすには?

運動で男性ホルモンを減らす

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

男性ホルモンは運動をすると増える特徴があり、激しい運動をすれば骨や筋肉の増強に必要となるため、どんどん増えて男らしい体を形成します。

必要な分だけ男性ホルモンが増え、消費されればDHTに返還されないので問題とならないが、余ってしまうとDHTが産生されて脱毛がすすむ。

確実に男性ホルモンを消費するには、ウォーキングなどの軽い運動の有酸素運動がベスト。

激しい運動の無酸素運動より男性ホルモンが増えず、血液中の濃度を下げてくれて、血流の改善や代謝の促進にも繋がります。

食事で男性ホルモンが減らす

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、男性ホルモンの過剰を抑えてくれる。

エストロゲンは艶やかな美髪にも働くホルモンなので、女性には特に有効な食品。

みそ汁や豆腐、納豆が苦手な人は、「きな粉」なら、まいにち効率よく摂取できます。

⇒ やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

睡眠でホルモンバランスを整える

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?-1

体の疲れや修復をしてくれる睡眠は、心と体ともにリラックスさせてくれます。

しかし質の悪い浅い睡眠は、自律神経が乱れたりホルモンバランスが崩れたりする原因にもなるため、過剰な男性ホルモンとなることも。

とくに女性の場合は、ホルモンバランスが崩壊して薄毛の原因をつくっているため睡眠は重要。まいにち決まった時間に十分な睡眠をとることで、ホルモンバランスを乱さないで済みます。

睡眠不足が肌の不具合を生むように毛髪にも悪影響を及ぼすため、しっかり睡眠時間をとり、質の高い深い睡眠を心がけましょう。

男性ホルモンの大切な働き

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?-2

男性ホルモンは、男らしい筋肉や骨を形成するために必要なホルモン。

筋肉の増強や精神活動の原動力も生み出す力があり、やる気や幸福感の元となるドーパミンを促す働きもあります。

また、男性ホルモンは癌(がん)の抑制効果もあるのではといわれている。そのため、男性ホルモンを抑制するAGA治療薬であるプロペシアの取説には、癌の注意書きが追記されています。

つまり、男らしい健康な体の維持、精神バランスを保つためには不可欠なホルモン。

薄毛に悩む人にとっては厄介者のように勘違いしてしまうが、男性ホルモンが悪いのではなく5αリダクターゼの働きにより、変換されてより強力なDHTが産生されるのが悪いのです。

まとめ

男性ホルモンが過剰となる原因は人それぞれですが、髪にトラブルを抱えているなら、減らす努力も欠かせないですね。

ちなみに、紫外線でも男性ホルモンは増えるので、男性でも紫外線対策は考慮するべき。

とくに遺伝的要因を受け継いでいるかも?という怪しい人は、ライフスタイルを見直しつつ薄毛治療するのが合理的ですね。

こちらも一緒に読まれています。

意外と知らないハゲ予備軍が始める10の育毛法の問題点!

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

薄毛から脱却するための5つの新育毛習慣!

薄毛、AGA治療を始める効果的なタイミングと重要ポイント!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る