薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

「ダイエットをするとハゲる!」、「ダイエットが薄毛の原因!」といった情報が飛び交っており、薄毛と肥満に悩む方にとっては八方ふさがり。

どちらかを優先にするより、薄毛、肥満の双方にメリットをもたらすダイエットを心がけたいものです。

確かに、肥満の人のほうに薄毛比率が高いのも事実。肥満だから薄毛になるわけではなく、肥満体質が薄毛体質となっている場合がほとんど。

その体質を改善しない限り無理なダイエット、つまりやばいダイエットをすればハゲてしまう確率が高くなります。

肥満とハゲの関係および薄毛・抜け毛を増やすダイエット法についてまとめてみました。

肥満と薄毛・ハゲの深い関係

なぜ肥満気味の人に薄毛の人が多いのでしょうか?その要因は大きく別けると3つ。

体全体の血行不良

肥満気味の人はコレステロール値が高く、血液がドロドロの傾向にあり、どうしても代謝がうまく行かず、老廃物が滞ってしまう。

大切な栄養素も体全体に行き渡らなくなり、末端部になる頭皮にも栄養分が届かない。

男性ホルモンはコレステロールを材料としているため、男性ホルモンの増加から髪の成長を止めてしまう元凶ホルモンDHTが増える可能性も高くなります。

代謝が悪いと肥満傾向になるのは、体に蓄えられた脂肪が体の活力を生みだすエネルギーに変えることがスムーズに行われていないから。

その為にはエネルギーに変えるコルチゾールの分泌が不可欠であり、脂肪の代謝がうまく行っていない状態でもどんどん脂肪がついていきます。

皮脂の過剰分泌

コレステロール値が高くて血液がドロドロになるのは、その状態を生み出す食べ物を多く食べているということ。

つまり皮脂が過剰に分泌されやすいため、頭皮がべたついてくる。皮脂が多くなると、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などを引き起こす事もあります。

運動不足

肥満の人は運動をする習慣がない傾向、男性ホルモンは運動すると消費されるという特徴があり、自ら男性ホルモンの濃度を高めてしまっている。

上記にも述べたように、男性ホルモンが変化したものが元凶ホルモンDHTなので、適度に男性ホルモンが消費されないと、DHTが増えるきっかけとなります。

薄毛・抜け毛を増やすダイエット法

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?

肥満は薄毛体質に傾いてしまうので、ダイエットそのものは薄毛予防にもなります。

ただし、絶食ダイエットや糖質を制限したダイエット、炭水化物を摂取しないケトン体ダイエット、油抜きダイエットなど、特定の栄養素を抑えるなどの食べ物を極端に制限したダイエットはほとんどが失敗に終わります。

リバウンドでさらに太ってしまうと、髪にもさらに厳しい環境。意思が強くダイエットに成功したとしても、栄養バランスのとれた状態が髪を丈夫に育てるのですから、無理なダイエットは抜け毛を増やすだけ。

女性ならホルモンバランスを乱して、ツヤのある美髪をつくる女性ホルモンが減少してしまい、髪のパサつきや枝毛の原因になります。

肥満傾向にあるだけでも、栄養が届きにくい毛根には過酷な状態。さらに食事制限で髪にひつような栄養素が不足しては、確実にパサつきや抜け毛となって髪にあらわれます。

そもそも肥満体質にあるのですから、一気に脂肪を減らす行為は体の様々な器官のはたらきを低下させてしまう。髪を生み出す毛包の萎縮にもつながるため、控えたいダイエット法ですね。

育毛に繋がるダイエットは?

薄毛・抜け毛を増やすやばいダイエット!肥満とハゲの関係!?-1

軽い運動、バランスのとれた食事、十分な睡眠の3つが大切。

軽い運動

運動は血行や代謝をうながすだけでなく、男性ホルモンも消費してくれます。ただし、運動により男性ホルモンが増えるため、より多く生み出す激しい運動は避けたほうがいい。

おすすめはウォーキングやストレッチなどの有酸素運動。体についた脂肪をエネルギーに変える代謝も促されます。

バランスのとれた食事

おすすめは海藻や青魚、根菜、大豆食品。

マグネシウムを豊富に含む海藻は、基礎代謝を上げるとともに脂肪を燃焼させる効果もあり、肥満体質の改善にもつながります。

良質なタンパク質を含む青魚は、血液をサラサラにし、髪の材料に欠かせないアミノ酸がたっぷり含まれています。

食物繊維が豊富な根菜は、ビタミンも多く含んでいるため、脂質や糖質の吸収を抑えるとともに、髪の合成のサポートもしてくれます。

植物性のタンパク質をたくさん含む大豆食品は、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれているため、過剰な男性ホルモンを抑えたり、ホルモンバランスを整えたりしてくれます。

十分な睡眠

脂肪などをエネルギーに変えるコルチゾールは、深く眠るほど大量に分泌されるという特徴があり、質の高い睡眠をとるだけでもダイエット効果が得られます。

肥満はもともと肥満になりやすい体質がつくり出しているのですから、その体質を改善していかないと、すぐにリバウンドするのは言うまでもないこと。

一時的に体重を減らすだけの無理なダイエットでは、薄毛をさらに進めてしまうのは当然ですし、少し長い目でみれば体質改善に繋がるダイエットがベストですね。

まとめ

・肥満と薄毛の体質はどちらも似ている。

・無理なダイエットは一時的な体重の減少しか得られない。ハゲになりやすいダイエット。

・規則正しい生活がダイエット、育毛ともに有益。

薄毛と肥満は遺伝的要因も大きく関係していますが、その素質を受け継ぐだけであって、生活習慣を見直すことで少し先の未来を変えることは十分に可能。

無理なダイエットをして、薄毛、リバウンドとなるあやまちには注意しましょう!

こちらも一緒に読まれています。

意外と知らないハゲ予備軍が始める10の育毛法の問題点!

タバコと薄毛の関係!喫煙が引き起こす怖い脱毛作用とは?

薄毛から脱却するための5つの新育毛習慣!

薄毛、AGA治療を始める効果的なタイミングと重要ポイント!

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る