リアップとプロペシアの効果と副作用の違い!

リアップとプロペシアの効果と副作用の違い!

リアップとプロペシア、どちらも日本皮膚科学会のガイドラインでAGA(男性型脱毛症)治療薬として強く推奨されている「ミノキシジル」と「フィナステリド」を有効成分としています。

臨床データから発毛効果が認められているので、第一選択薬に推奨されている。どちらが脱毛に効果的なのかというより、お互いの効能には作用するところが明確に違うため、特徴を抑えておくことが大切。

どちらも医薬品ですから取り扱いには注意すべきことがあり、効果と副作用を含めた違いをまとめてみました。

効能を比較

リアップとプロペシアはどちらも薄毛の改善効果が確認されている。その点では同じでも作用が明確に違う。

外用薬であるリアップ(ミノキシジル)は新生血管作用があり、毛乳頭細胞からVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌を促す作用があることが分かっています。

この作用が、他の血行促進作用がある成分と明確に違うところ。ただ単に血行を促すだけなら他にもたくさんの成分がありますが、VEGFの分泌を促すことにより、委縮した毛包を大きく正常な毛包に育てる効果が確認されているのは、ミノキシジルだけ。

 

それに対し、内服薬であるプロペシア(フィナステリド)は、毛包にちょくせつ働きかける作用はほとんどない。

プロペシアが体内に入ると、還元酵素のⅡ型5αリダクターゼが働かくなる。AGAは男性ホルモンが5αリダクターゼの働きにより、髪の成長を止めてしまうDHTに変換されてしまうのが原因。

つまり、プロペシアは発毛を促す作用があるわけではなく、脱毛を阻止する作用があるのです。

 

決定的な違いは、発毛を促すのがリアップ(ミノキシジル)、脱毛を抑制するのがプロペシア(フィナステリド)。この二つの成分を併用することで脱毛を抑えつつ発毛を促せます。

副作用を比較

どちらも医薬品ですから、使用上の注意を守らないと重篤な副作用が生じる場合があります。

因果関係はハッキリ認められていないが、リアップ使用者の死亡例がある。プロペシアの発がん性は取説でも記述されています。

タバコで死亡するより、どちらも低い確率なので過剰に心配する必要はないが、とりあえず注意しておくべきでしょう!

リアップの副作用のほとんどは、頭皮に痒みやかぶれなどからの炎症。健康な人でも血圧低下や動悸、めまいといった症状が起きることがある。ただし中止すれば治る軽微なものが多い。

心臓や腎臓、血圧に影響を及ぼす薬剤ですから、不安がある人は控えたほうがいいですね。

 

それに対し、プロペシアの重篤なケースでは肝機能障害を起こす場合がある。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれているくらい異常があってもわからない臓器ですから、医師のもとでの服用が重要。その他には精力減退やうつ症状などがある。

また、女性は触れるだけでもNG、妊活や献血も服用を1ヵ月以上中断してからという注意事項もあります。

購入方法

リアップは薬局やネットで購入できるが、プロペシアは医師の処方が必要。

ただし、リアップの薬局やドラッグストア―での購入は薬剤師との対面販売。ネット購入でも、簡単なアンケートに答えて返信しないと購入できない仕組みになっています。

プロペシアに関しては、海外から個人輸入するというかたちで安く購入することも可能ですが、偽物が届いたりトラブルが生じたりする場合もある。さらに、個人で勝手に使用して生じた健康被害はすべて自己責任です。

まとめ

一般的には、リアップ(ミノキシジル)とプロペシア(フィナステリド)の併用がAGAの改善にはもっとも効果的。

ただし、薄毛の原因は生活習慣も大きく関係するので、食生活や運動などの改善をともに行わないと、改善率はグッと下がります。

さらに、使用を中止すれば一気に脱毛が進む場合があり、副作用で中断してリバウンドというケースも多い。

リアップとプロペシアは、ともに長期的な視野で利用を検討することが望ましい医薬品です。

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る