リアップより発毛するミノキシジルタブレットの危険な副作用!

リアップより発毛するミノキシジルタブレットの危険な副作用!

たくさんの育毛成分が存在するなか、「ミノキシジル」は公に認められている発毛効果のたかい薬剤。

そのミノキシジルを有効成分としているリアップより、発毛効果がたかい「ミノキシジルタブレット」、通称ミノタブは最強の発毛剤と噂される内服薬。

しかし、たかい効果とひきかえに怖い副作用もあることから、取り扱いには注意が必要。どのような副作用があるのか注意点をまとめてみました!

ミノキシジルタブレットとは?

たかい発毛効果が期待できるが、どこの国でも認可されていない発毛薬。皮膚科では処方してもらえないが、薄毛・AGAクリニックでは処方してもらえる。

また、個人輸入というかたちで購入することも可能。ただし、認可されていない薬ですから、もし健康被害がでてもすべて自己責任。

ちなみに、日本の厚生労働省にあたるFDA(米国食品医薬品局)は、後述する重篤な副作用の報告があることから、注意喚起しています。

ミノキシジルタブレットの強力な発毛効果

リアップはちょくせつ頭皮に塗布する外用薬ですが、ミノキシジルタブレットは内服薬なので、ミノキシジルの発毛パワーが十分に発揮されます。

外用薬は頭皮にピンポイントで作用させるメリットがある反面、浸透しづらいというデメリットもある。さらに生え際は毛細血管が少ないところなので、リアップを塗布したとしても、毛根に発毛パワーが伝わらない。

リアップは頭頂部に効果があるが、生え際には効果がないといわれるのはその為。

それに対し、ミノタブは体毛が濃くなるくらい効能が全身に行き渡るため、発毛パワーが十分に発揮される。

ミノキシジルタブレットの副作用

もともと、ミノキシジルは血圧を下げるために開発された薬剤。たまたま発毛効果が発見された薬なので、誰でも使用できるわけではなく、使用できる人は限定される。

ミノキシジルは心臓などの臓器に負担を強いる薬ですから、使用できない人が服用すれば、命に関わる副作用を引き起こす。死亡例も報告されているので、FDAは警告しています。主な副作用は以下。

心室肥大

心臓の心室が大きくなり、破裂することもある。

心外膜液異常

心臓をスムーズに動かす心外膜液は、増減すると心臓の負担となる。

多臓器不全

心臓の負担が原因で、その他の臓器も障害を起こす。

腎性全身性繊維症

皮膚が腫れたり硬くなったりすることで、手足が動きにくくなる。

高カリウム血症

不整脈や頻脈、筋力の低下を引き起こす。

軽度の副作用であれば、外用タイプのリアップでも起こり得ることですが、ミノタブは全身に働くので、頭痛やしびれ、むくみ、動悸などの症状がリアップより強くでることもあります。

まとめ

心臓に不安がない健康な人でも、ミノタブの服用で様々な健康障害を起こします。

AGAは完治する脱毛症ではないので、長期間ミノタブを服用すれば重度、軽度に関わらず、何らかの副作用があらわれる。

人によって薄毛の症状は様々ですから、ミノタブの服用は絶対にやめたほうがいいとは言えないですが、命とひきかえに毛を得るだけでは割が合わないので、できるだけミノタブの利用は控えましょう!

こちらも一緒に読まれています

リアップX5の生え際への効果は本物?太い毛が生えた体験を考察!

リアップの効果を高める方法!経験も含めてまとめてみた!?

リアップとプロペシアの効果と副作用の違い!

リアップX5とロゲインの違いを体験からまとめてみた!

リアップX5プラスの最安値は楽天、Amazon?お得に購入する方法!

爆毛根はMハゲ改善に秀逸な育毛剤?そう想う根拠をまとめてみた!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る