ザガーロは最強AGA治療薬?副作用も最恐なのか?注意点もまとめてみた!

ザガーロは最強AGA治療薬?副作用も最恐なのか?注意点もまとめてみた!

2015年9月28日に厚労省より、AGA(男性型脱毛症)治療薬として正式に認可を受けた薄毛ユーザー待望の「ザガーロ」は、当初の発売予定より大幅に遅れて2016年6月13日から発売。

ザガーロを生産しているフランス工場の別製品に不具合が生じた為、一時的に稼働中止となっていたことが原因。

かねてから待ち望んでいた薄毛ユーザーにとっては、「ついに!」といった感じですね。そのザガーロの実力は最強のAGA治療薬なのか?怖い副作用も強いのか?

高い効果と引き換えに犠牲にするものがあるのか?使用する際の注意点も一緒にまとめてみました。

ザガーロの特徴

ザガーロは最強AGA治療薬?副作用も最恐なのか?注意点もまとめてみた!-1

デュタステリドを有効成分とする「グラクソ・スミスクライン(GSK)社」のカプセル錠。「0.1mg」と「0.5mg」の2種類が発売。

同じデュタステリドを有効成分とする「アボルブ」とは、カプセルの色が違うだけで中身は同一。アボルブとは、すでに2009年に厚労省から認可を得ている前立腺肥大症治療薬。

つまり、国内ではデュタステリドを有効成分とする医薬品は、前立腺肥大症治療薬としての認可だけだったが、新たにAGA治療薬としても正式に認可されたというだけ。

2015年9月以前は、AGA内服薬はフィナステリドを有効成分とする「プロペシア」だけ。それより発毛効果が高いとして、ザガーロが新たに追加されました。

ザガーロの高い効果

AGA治療は自己流ではなく専門クリニックがベストな理由5つ!

以前までの主力治療薬だったプロペシアより、1.6倍の効果が確認されていることから、薄毛ユーザーの期待度はかなり高い。

プロペシアより高い効果を発揮するのは、5αリダクターゼへの作用の違い。

5αリダクターゼは、男性ホルモンを髪の成長を止めてしまうDHTに変換する還元酵素。

薄毛ユーザーからすれば厄介者のこの還元酵素はⅠ型とⅡ型があり、プロペシアはⅡ型のみに作用するだけ。

対してザガーロは、Ⅰ型、Ⅱ型両方の5αリダクターゼの働きを阻害する。

その差だけでなく、アメリカの科学雑誌によれば、Ⅱ型5αリダクターゼの阻害作用はプロペシア(フィナステリド)の3倍と報告されており、それが高い発毛効果を生む。

今までのプロペシアで満足いく効果を得られなかった人、全く効果を示さなかった人でも、ザガーロに高い期待を持つのは当然ですね。

ザガーロの高い副作用

ザガーロは基本的には安全なAGA治療薬です。

なぜなら、すでに同一成分のアボルブが前立腺肥大症の治療薬として用いられており、国内でも安全性が確保されているから。

前立腺肥大症の治療薬としては、102ヶ国以上で処方されている薬という事もあり、専門医の指導のもとで使うのであれば、重篤な副作用は回避できます。

問題となるのは勝手に自己判断で利用する場合。

個人輸入というかたちで簡単に同様成分の商品が手に入るため、あらわれた症状に対して的確に対応できないと、重篤な副作用を招くこともあります。

プロペシアより副作用が2.5倍高いという事もあり注意が必要。主な副作用は以下です。

掻痒症、肝機能異常、乳房障害、限局性浮腫、血管浮腫、浮動性めまい、味覚障害、腹部不快感、蕁麻疹、アレルギー反応、倦怠感

ザガーロを使用するうえでの注意点

AGA治療は自己流ではなく専門クリニックがベストな理由5つ!-1

ザガーロは男性の男性型脱毛症のみに効果があり、「円形脱毛症」や「びまん性脱毛」、「女性の脱毛症」、「抗がん剤などの薬剤による脱毛」などには効果がありません。

肝機能障害を患っている人

ザガーロなどの薬剤は肝臓で代謝されるため、重度の肝機能障害を患っている人は、十分な代謝が行われず血中濃度が上昇する恐れもあります。重度でなくても肝機能に問題がある人は控えたほうがいいですね。

20歳未満はザガーロを服用できません

20歳未満は安全性や有効性が確認されていないため。

女性もザガーロを服用できません

そもそも、女性の薄毛の原因は男性型脱毛症とは異なるため、女性には処方できない。

前立腺がん腫瘍マーカー

「ザガーロ」などデュタステリド製剤は

プロペシアと同様に、前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAの数値を低下さるため、健康診断などでPSAを測定するときは、必ずザガーロを服用している事を医師に伝えましょう。

ちなみに、ザガーロを6ヵ月中止すればPSAは元の数値に戻ります。

献血と輸血はダメ

献血をする場合はザガーロの服用を1ヵ月以上中止してから行うこと。

小児、女性の経皮吸収

妊娠中の女性がザガーロに触れると、男性胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性があります。小児も同様に触れないように注意しましょう。

実際にはカプセルに入っているので、中身の成分に触れなければ問題にならないですが、取り扱いに注意しておいたほうが無難です。

子作りの予定がある場合はザガーロを中止すること

問題ないといわれていますが、たくさんの臨床データがあるわけではないので、念のため子作り中はザガーロを中止したほうがいいですね。

ザガーロが体内からなくなる期間

12~20週の中止期間で、ザガーロの有効成分デュタステリドが体内からなくなります。

まとめ

・ザガーロはプロペシアより1.6倍の発毛効果がある

・ザガーロはプロペシアより2.5倍の副作用のリスクがある

・ザガーロの安全性は十分に確認されている

プロペシアと比較すれば、ザガーロの副作用発現率は高く感じますが、軽微な副作用も含めた割合なので、怖い副作用とはいえないですね。

それより高い発毛効果に期待してもいいのではないでしょうか?

何かを得るには、ある程度の犠牲はつきもの。ただし、専門医の指導のもとでの服用が前提です。

国内で正式に認可されているAGA治療薬の中では、ザガーロが最強の治療薬ですね。

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

SBC毛髪再生医療センター
ページ上部へ戻る