育毛剤と発毛剤の違いとは?効果と副作用、表記の違いについてまとめてみた!

髪が薄くなってきたと感じた時、その対策となる商品がないかと誰もが考えるのではないでしょうか?

その際、育毛シャンプーなどを選ばれる人もいますが、少しでも育毛知識があるなら育毛剤が選ばれます。しかし、いざ育毛剤を探してみると、薬用育毛剤や発毛剤いった感じで表記されており、何がどう違うのか?戸惑う方も多いようです。

単純に考えれば発毛剤と表記されているほうに、高い育毛効果があるように感じますが、薄毛は原因が複雑に絡み合って起きる現象なので、そうとは限らないのも事実。

また、副作用なども注意を払わないと、後で「こんなハズではなかった」と後悔することにも繋がるので、育毛剤と発毛剤の違いについてまとめてみました!

育毛剤と発毛剤の違い

国内製品で発毛剤とうたえるのはリアップだけ。その他のスカルプエッセンスといった商品は、大別すれば育毛剤という事になります。

水谷豊さんのテレビCMでもお馴染みですから、リアップが発毛剤という事くらいはわかっているかもですが、リアップの有効成分である「ミノキシジル」は発毛効果が公に認められているため、発毛剤と表記されています。

このミノキシジルを含む国内の商品は、大正製薬から発売されている第1類医薬品のリアップシリーズのみ。同じ大正製薬から発売されているプレリアップシリーズは全く別物なので、お間違いのないように。

要するに、発毛の臨床データがしっかり担保されているのは、ミノキシジルだけなので、そのミノキシジルを含まない商品は、医薬部外品の育毛剤、発毛促進剤、スカルプエッセンスなどに分類されます。

ただし、ミノキシジルは副作用も多く確認されており、購入の際は薬剤師との対面販売が義務付けられている。ネット購入の際は、アンケートを返信しなくては購入できない。そういった決まり事もあります。

⇒ リアップX5の生え際への効果は本物?太い毛が生えた体験を考察!

⇒ リアップで毛が生えるにはどのくらいの期間が必要?

⇒ リアップをやめるとハゲる?脱毛を促進させない為にこれだけは知っておくべき!

⇒ リアップとリアップX5の育毛効果の違いを試してみた!

育毛剤はいくつかに分類される

育毛商品をひとくくりにして育毛剤といわれていますが、医薬部外品の育毛剤をはじめ、第3類医薬品の発毛促進薬、スカルプエッセンスといわれる化粧品に分類される商品もあります。

薬用育毛剤とうたわれているのが、医薬部外品の育毛剤。薬用と表記されるだけあって、育毛効果の期待できる有効成分が一定量配合されている。そのため、認可が必要。

キンキキッズのCMでお馴染みの「カロヤンプログレ」は第3類医薬品になりますが、第1類医薬品のリアップと違い、発毛効果が国に認められていない育毛商品。

感覚としては目薬やかぜ薬と同じで、薬局などで誰でも購入できるヘアケア商品。良い効果は期待できるが、医者に処方される薬より確実ではない医薬品。その分、副作用の心配が低い。

その他のスカルプエッセンスなどとうたわれている育毛剤は、発毛効果はもちろん、育毛に有効な成分すら配合されていない場合でも販売できる化粧品に分類され、育毛トニックも同じカテゴリー。

⇒ キャピキシル5%配合育毛剤を比較!効果、価格、特徴のまとめ

⇒ ミノキシジルとM-034の育毛効果の違い!

育毛剤は自分の症状や体質に合う商品を選ぶこと

これらの育毛剤には効果に大きなバラツキがあり、選ぶ育毛剤によっては発毛剤以上の効果を得られる人も。

症状や原因は人それぞれなので、有効成分がその人の原因に効果を発揮するとは限らないため、自分に合った育毛剤えらびが必須です。

一般的な感覚では、医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品といったように、化粧品になると効果が低いように感じますが、現在はあらゆるジャンルで技術や化学が急速に進歩しているため、化粧品であっても育毛効果が低いとは限らない。

そもそも、「男性型脱毛症診療ガイドライン」が策定されたのは2010年。

それから更新されておらず、有効な成分として表記するには多くの臨床データを必要とするので、莫大な費用となるため、有効な成分であっても表記できないだけという事も考えられます。

それが発毛剤では効果がなかったけど、薬用育毛剤に変えたら効果があったという口コミになるのでしょう。

⇒ リアップX5プラスとチャップアップを比較!生え際と頭頂部にどっちが効く!?

⇒ フィンジアとリアップX5プラスの効果と使用感を比較!

⇒ フィンジアとチャップアップの効果と使用感を比較!

⇒ キャピキシル育毛剤が2chで悪評判!その理由をまとめてみた!?

育毛剤・発毛剤のリスクとは?

いちばん気になるのが、育毛効果に対するリスクですね。

薄くなってきた髪を改善したい為に購入するのですからとうぜん、誰でも効果のない商品を掴みたくないと思うわけですが、これに関しては発毛剤であれば、臨床データもあり公に認められているので、一定の安心感があります。

対して、育毛剤は症状や体質により全く効果がないという育毛剤が存在するのも事実。

ネット上では使ってもいないのに、「効果がありました!」といったアフィリエイト目的の記事がたくさんあり、どれを信じていいのか分からない状況。

最近では、『De〇A』が運営するデタラメ情報ばかりのキュレーションサイト『WE〇Q』問題が発覚していますし、上場企業が運営しているサイトでも信用できないですから…。

育毛剤の効果に関しては、結局のところ「自分で使ってみないと分からない」というのが最大のリスクですね。(発毛剤でも著明改善率は1割程度ですから、同様のことがいえます)

その反面、発毛剤は使用上の注意が定められており、これを軽視すると重篤な副作用を招くこともあります。

⇒ リアップの副作用は危険?噂の正体はこれ!

⇒ リアップの副作用ってナニ?口コミも含めた7症状のまとめ!

こうした副作用の心配が育毛剤にはほとんどないため、育毛剤の利点でもあります。

まとめ

・発毛剤は、発毛を公に認められている「ミノキシジル」が含まれている商品。(国内ではリアップのみ)

・育毛剤と呼ばれている商品は細分化すると色々ある。

・育毛効果は、必ずしも発毛剤 > 育毛剤 > 化粧品とはならない。

・発毛剤と育毛剤、どちらにも相反するリスクがある。

育毛剤と発毛剤の表記の違いについては分かって頂けたと思いますが、得られる育毛効果については、信憑性のたかい記事を見極められる側にならないと、自分のメリットになることはないですね。

個人的な見解では、ミノキシジル5%程度でしかない「リアップX5プラス」では、秀逸な医薬部外品の育毛剤と変わらないと経験から思っています。よろしければ参考にしてください!

こちらの記事もよく読まれています

男性用育毛剤で薄毛は改善できるのか?ハゲ予防以外の効果と選ぶ基準をまとめてみた!

ザガーロは最強AGA治療薬?副作用も最恐なのか?注意点もまとめてみた!

ポラリスの種類を特徴と効果からおすすめ度を比較!

KinKi Kidsのカロヤンシャンプーの問題点と秀逸点をまとめてみた!

育毛の達人「モンテカルロ」とAGAクリニックどっちがいい?

この記事の著者

すどう ゆうき

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター


AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る