リアップX5プラスとチャップアップを比較!生え際と頭頂部にどっちが効く!?

リアップX5プラスとチャップアップを比較!生え際と頭頂部にどっちが効く!?

進化した「リアップX5プラス」と、医薬部外品の育毛剤の中でもっとも人気がある「チャップアップ」。

どちらが高い効果を発揮する育毛剤なのか?

知名度ではX5プラスですが、人気ではチャップアップも引けをとらないですね。お互いの育毛成分から、生え際と頭頂部への効果を比較してみました。

リアップX5プラスの有効成分

リアップの有効成分といえば、外用薬では唯一発毛効果が公に認められている「ミノキシジル」。X5プラスは日本で唯一の5%配合。

リアップX5からプラスされた3つの成分は、頭皮環境を整える成分。ちょくせつ発毛を促すものではないので、育毛効果はミノキシジルしだい。

このミノキシジルには、毛乳頭細胞からVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌を促すので新生血管作用があります。

この新生血管作用が、他の血行促進作用がある成分と明確に違う作用。血行を促すだけならセンブリエキスをはじめとする植物由来の成分にもあるが、VEGFの分泌を促して毛包を大きくする効果が確認されているのは、ミノキシジルのみです。

チャップアップの有効成分

植物由来のたくさんの成分で構成された育毛剤なので、育毛に働く成分も多数。そのうえ、副作用がほとんどない。

AGA(男性型脱毛症)の原因ホルモンといわれるDHTの抑制には、「オウゴンエキス」、「ヒオウギエキス」が効果を発揮。

髪がしっかり育つには毛包だけでなく、髪を支える外毛根鞘細胞(がいもうこんしょう)の存在も重要。この外毛根鞘細胞の増殖を促す「M-034エキス」が、早期に抜け毛が減るという効果が実感できる要因。

加えて、血行促進に働く「センブリエキス」をはじめとする豊富な成分が、体質によって効く人、効かない人があっても、どれか1つが効けば効果を得られる。

そういった事から、幅広く育毛効果が得られやすい育毛剤。

生え際にはチャップアップ

生え際から脱毛する要因は、Ⅱ型5αリダクターゼ(還元酵素)が多く存在するところであり、血管が少ない部位だから。

AGAはⅡ型5αリダクターゼの働きが大きいといわれており、この還元酵素が髪の成長を止めてしまう元凶ホルモンDHTを生成させてしまう。

リアップのミノキシジルには、5αリダクターゼの働きを阻害する効果がほとんどない。

それに対し、チャップアップのオウゴンエキスには5αリダクターゼの働きを抑える効果があるうえ、男性ホルモンの過剰を抑えるヒオウギエキスも含まれている。

つまり、生え際から脱毛する大きな要因である5αリダクターゼに対抗できるのはチャップアップです。

頭頂部にはリアップX5プラス

生え際と比較して、頭頂部のⅡ型5αリダクターゼは少ない部位。この還元酵素の影響をあまり受けない頭頂部には、リアップX5プラスが最大限に効果を発揮する。

成分単体での発毛効果はミノキシジルが上ですから、毛細血管が生え際に比べて多く通っている頭頂部は、効果を発揮できる部位なので、毛包を大きく育て発毛を促す。

ただし、人によっては頭頂部にⅡ型5αリダクターゼが多い人もおり、そういった方にはチャップアップのほうが効果を発揮します。

お互いの有効成分であるミノキシジルとM-034エキスの効果の違いについては、こちらでも紹介しています。

⇒ ミノキシジルとM-034の育毛効果の違い!

まとめ

AGAは完治する脱毛症ではないので、永遠に継続する必要があります。

その場合、副作用等で挫折すれば、一気に髪を失う可能性もあるので、その心配が低いチャップアップを選ぶほうが長期的には良い効果をもたらします。

個人的には、最初にチャップアップを6ヵ月くらい試して、それで効果がなければリアップX5プラスを試すほうがいいと思います。

チャップアップは多くのサイトで推奨されていますが、こちらのランキングサイトでも1位に推奨されていました。

⇒ おすすめ男性育毛剤比較ランキング/育毛グッドライフ

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る