男性用育毛剤で薄毛は改善できるのか?ハゲ予防以外の効果と選ぶ基準をまとめてみた!

薄毛男性の原因は女性とは違い、ほとんどがAGA(男性型脱毛症)。わかっている人は、AGAに特化した男性用育毛剤を使用されています。

しかし、テレビやラジオのCMの影響なのか?

育毛トニックなどのAGAの原因にアプローチできない育毛商品を選ぶ人も多い。

あるアンケート結果からも、髪が深刻な状況になるほど育毛剤の使用率は高く、3人に1人の割合で利用されていますが、それがうまくハゲ予防につながっていないという結果も出ています。

そうした事から、そもそも育毛剤で薄毛改善が可能なのか?

このような疑問を抱く人も少なくない。男性用育毛剤のメリットをしっかり把握すれば、つまらない商品に手を出すことはないですし、毛を失うリスクも回避できます。

男性用育毛剤を使うメリットを知れば、おのずと選ぶ育毛剤の基準がわかってくるので、男性用育毛剤でハゲ予防以外に得られるメリットを紹介します。

男性用育毛剤のメリットとは?

%e7%94%b7%e6%80%a7%e7%94%a8%e8%82%b2%e6%af%9b%e5%89%a4%e3%81%a7%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%af%e6%94%b9%e5%96%84%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f%e3%83%8f%e3%82%b2%e4%ba%88%e9%98%b2

男性の薄毛原因の90%以上はAGAですから、その原因である男性ホルモンが変化した「DHT」を抑制しなければ、脱毛から逃れられない。

いくら毛が生えやすい頭皮環境に注力しても、還元酵素「5αリダクターゼ」の働きで男性ホルモンが「DHT」に変化してしまっては、脱毛シグナルを減らすことができないため、優先順位はAGAにアプローチできること。

そのうえで、頭皮環境を整えることが大切。一般的な育毛トニックや育毛シャンプーはAGAにアプローチできません。ここを重視しないと、何も変わらないですね。

 

AGA予防ができる

人によっては、男性用育毛剤でフサフサな髪をとり戻せる人もいるようですが、基本的にはリアップなどの発毛剤であっても、それだけの恩恵を受けられる人はわずか。

ほとんどがAGA予防止まり。つまり現状維持か、少し髪にボリュームがでて抜け毛が減るくらい。

過剰な期待をして利用し始めると、それでは満足がいかないので、ころころ育毛剤を変えたり、止めてしまったりして薄毛が進みやすくなります。

最低でも半年は継続して脱毛が進まなければ、それは育毛剤のAGA予防効果です。

 

薄毛を進めてしまう抜け毛の抑制

薄毛が気になってくると、抜け毛は特に過敏になりますね。

男性用育毛剤の効果を早期に実感できるケースは、髪のハリやツヤ、抜け毛の減少。ですが、人によりあらわれ方は違ってくるため、実感できなければ効果がないというわけではないです。

ネット上の情報では1週間程度で効果を得られるだとか、良いことばかり言われていますが、抜け毛の減少は1~2週間、毛周期からしてもハリやツヤは1ヵ月くらい必要です。

裏を返せば、「1週間程度で効果を得られる!」といった情報を流しているサイトは、育毛剤を使っていない人の情報とも言えますね。

 

頭皮の乾燥を防いで潤いを保つ

男性用育毛剤には頭皮を保湿して、硬くなりがちな頭皮を柔軟な頭皮に改善する働きもあります。

乾燥して硬くなった頭皮は、いろいろな頭皮トラブルの原因にもなりますし、頭皮の老化を進めてしまう。

男性の薄毛はAGAが引き金になっているとはいえ、髪の土壌である頭皮環境も健全でなければ、ハゲ予防や改善には繋がらない。

 

頭皮の血流を改善する

頭皮が硬くなる原因として、頭皮の血流がわるい場合もあります。

血流が悪いと代謝も落ちてしまい、皮膚のターンオーバーが乱れる原因にも。さらに、髪の生成工場である毛母細胞に栄養分を届けるのは血液ですから、毛細血管まで行き届かない状態では、細い髪しか育たない。

とくに男性用育毛剤は血流改善効果も高いですから、長く利用することで強い髪になるケースもあります。

 

フケやかゆみ、頭皮湿疹などの予防

カサついた頭皮でターンオーバーも乱れれば、パラパラと乾燥したフケが落ちやすくなり、免疫力も低下してプツプツとした赤い湿疹など、好ましくない現象が頭皮にあらわれることも。

しかし、育毛剤を利用することで、乾燥したフケやかゆみ、頭皮湿疹などの予防にもなります。さらに、皮脂分泌も抑制する育毛剤を使えば、頭皮のいやなニオイを防ぐことも可能。

これは何も、男性用育毛剤に限ったことではないので、一般的な育毛剤でもこうした頭皮環境を改善する効果は得られます。

男性用育毛剤で薄毛は改善できるのか?

%e7%94%b7%e6%80%a7%e7%94%a8%e8%82%b2%e6%af%9b%e5%89%a4%e3%81%a7%e8%96%84%e6%af%9b%e3%81%af%e6%94%b9%e5%96%84%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f%e3%83%8f%e3%82%b2%e4%ba%88%e9%98%b2

それで結局のところ、男性用育毛剤で薄毛が改善するのかといえば、効果が高い高価な育毛剤を利用したとしても、1割程度の改善率でしょう。

なぜなら、複合的な要因が重なって薄毛になっている場合が多く、体内から生える毛を外側からケアするだけでは厳しいですね。

体質的に髪の生成機能が衰えているのですから、内側からのケアも同時に行わないと、髪の生成を司る器官や機能が改善しないので、育毛剤だけに頼った育毛では、現状維持までが妥当。

あくまで育毛剤は、育毛をサポートするモノと捉えたほうがいい。個人的には現状維持でも脱毛が進まないのですから、ハゲ予防には十分になると思っています。

まとめ

・AGAにアプローチできる育毛剤を選ばないと、気休め程度の効果しかない。

・男性用育毛剤は脱毛予防だけでなく、頭皮を若々しく保つ。

・フケやかゆみの予防や改善、頭皮湿疹の予防にも働く。

・薄毛の改善効果は高くないが、予防から現状維持効果は得られる。

育毛剤を使うのですから、改善効果まで期待するのは当然ですが、改善率は高くないと思っていたほうが間違いないです。

過剰に期待するから、ムダな投資が増えて「効果なし!」「育毛剤はどれも同じ!」といった考えに至ってしまう。

万人に効く育毛剤・発毛剤は存在しないのですから、どうしても改善したい人はAGA専門のクリニックがおすすめ。もちろん費用は高くなりますが、遠回りせずに済むのが大きなメリットです。

⇒ おすすめAGA治療クリニック比較ランキング!

ただし、薄毛治療を病院などのクリニックで行う場合も、育毛剤同様に選び方が重要になってきますから、無料カウンセリングの活用が必須です。

⇒ 無料カウンセリングは必ず複数うけるべき!薄毛治療を成功させる5つの秘訣

こちらも一緒に読まれています

なぜM字ハゲは改善しないのか?生え際の後退をふせぐ秘訣はこれ!

なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!

育毛・スカルプシャンプーでフサフサを期待してはダメな理由!

脱毛原因にもなる男性ホルモンを減らす賢者の方法とは?

薄毛・AGA治療クリニックの3つの問題点!

ザガーロは最強AGA治療薬?副作用も最恐なのか?注意点もまとめてみた!

この記事の著者

すどう ゆうき

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター


AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る