リアップより強力な育毛剤・発毛剤とは?口コミを紹介!

国内では発毛剤とうたえるのはリアップシリーズだけ。

これはミノキシジルを含んだ外用薬の特権であるため、国内ではミノキシジルが含まれた商品は大正製薬が発売しているリアップのみ。

ちなみに、プレリアップシリーズなるものはミノキシジルが含まれていない為、気休め程度の効果しかないです。

そういった事から、リアップを利用される方が増えていますが、期待どおりの効果を得られる人はかなり少ないですね。

それもそのはず、著明改善率は全体の1割ていど、それも頭頂部がほとんどなので、生え際に場合ですと現状維持もままならないのが現状。

いちばん強力なはずのリアップX5プラスでさえ、ミノキシジル5%ですから、海外製に比べれば、かなり発毛効果が劣ってしまう。

リアップX5プラスで効果が得られない人は、海外製に手をのばす人がほとんど。

その理由は高濃度ミノキシジル配合だけでなく、脱毛をブロックする「フィナステリド」や「デュタステリド」が配合されており、発毛を促すミノキシジルと脱毛ブロックに働く成分が1本になっているから。

それでいて、リアップより安い商品もあり、本気で薄毛治療に取り組むなら興味深い商品。その魅力ある外用薬を紹介します。

評判のいい高濃度ミノキシジル外用薬はこれ!

リアップより強力な育毛剤・発毛剤とは?口コミを紹介!

国内製ではミノキシジル5%までですが、海外製の中にはミノキシジル16%の商品まであります。

さらには内服タイプのミノキシジルまで存在しますが、こちらは専門医のもとで服用しないとヤバイですから、比較的安全とされる外用薬に限ると、ポラリスシリーズと爆毛根ですね。

リアップX5プラスで効果がないのですから、ミノキシジル5%ではもはや試す価値すらないと思われるので、ミノキシジル7%以上がおすすめ。

その対象となるのが、ポラリスNR08(7%)・NR09(15%)・NR10(16%)・NR11(12%)と爆毛根(7%)です。

これらの商品には、ミノキシジル以外に脱毛ブロックに作用するフィナステリドやデュタステリドが含まれている商品もあり、高い効果が期待できます。

⇒ ポラリスの種類を特徴と効果からおすすめ度を比較!

⇒ 爆毛根はMハゲ改善に秀逸な育毛剤?そう想う根拠をまとめてみた!

ミノキシジル7%以上のポラリスの口コミ

ポラリスには5%もありますが、ミノキシジルを高濃度に配合されているのが特徴。

さらに発毛の妨げになる物質をブロックする成分も含まれており、脱毛をブロックする成分が含まれていないリアップより強力なのは明らか。

とくに、ミノキシジル16%、フィナステリド0.1%が配合されたポラリスNR10。

ミノキシジル12%、フィナステリド0.1%が配合されたポラリスNR11は高い発毛効果が期待できます。

⇒ ポラリスNR-10の口コミから副作用・効果・使用感を検証!

⇒ ポラリスNR-11の口コミから副作用・効果・使用感を検証!

ポラリスNR10の口コミ

オオサカ堂 ポラリスNR-10[ミノキシジル16%]

K-1 生え際にうぶ毛が生えてきました。クリームタイプで使い易いです。一本目が終わりそうなので二本目を注文します。

使用開始してから1ヶ月ですが効きます。

K-2 フィンペシア併用ですが頭頂部と生え際に濃い産毛が生えてきました。これからが楽しみです。

K-3 8、10、11と使用してきましたがダントツで10が一番効果があると思います!!まず生え際がかなりの勢いで前進してますw 使用して二か月ぐらいなのにびっくりです。あとはクリームなので垂れないのがいいです。

K-4 使用開始から、あと1か月ほどで1年になります。頭皮の透けは半年もしないうちにほどんど気にならなくなりました。それでも前髪のすだれ具合が割と気になっておりましたが、少しずつ太い毛に生え変わっているようで、徐々に気にならなくなってきております。

K-5 単独使用5か月目。着実に回復してきています。惨めな若薄毛の状況から始めましたが、もう思いっきり水を被ったりとかとんでもないハプニングでもない限り、誰も薄毛とは思わないであろうレベルまで復活しました。

K-6 額の生え際にも産毛か…最近は毛穴を専用のスコープで観察するのが楽しくなってきました。効果が直ぐに感じられた為、リピートしました。

K-7 つい先日、初めて「産毛がいっぱい生えてる。」と言われましたが、自分でも毎日眺めていた中で感じはあったので、初めて効果が出ているのに驚いています。

K-8 継続して何度もリピートしています。やはり日本での市販の薬と比べ物にならない効果を感じます。大満足です。

参考:オオサカ堂

ポラリスNR11の口コミ

オオサカ堂 ポラリスNR-11[ミノキシジル12%]

K-1 やっぱりこれが一番。キャピキシルよりよっぽど良いです。商品の色のバラつきが気になっていましたが天然成分であることと有効成分量は変わらずで問題無いとのこと。1ヶ月半使って産毛が成長してきました。

K-2  NR09から変更してずいぶん経ちます。どちらの効果が高いかと言うとわかりませんが、徐々に毛が太くなりました。

K-3 私の場合、他の育毛剤などで頭皮のコンディションを整えていたことも良かったのだと思うが、2ヶ月ほどで薄い部分(頭頂部)が少しずつ濃くなってきた。

K-4 頭頂部、生え際共に、産毛で埋まってきています。初期脱毛を我慢した甲斐がありました。やはり、継続するということが大事みたいです。あ、今は、ゼロではないですが、気になる程は抜けませんよ。

K-5 友達にも勧めてますが、好評です。自分自身が少しずつですが増えてるの実感できるのがいいです。これからも続けます。

K-6 使用2か月,産毛が確実に生えてきています。ここから太く成長してくれることを願い,使用を続けようと思います。

参考:オオサカ堂

ミノキシジル7%の爆毛根の口コミ

爆毛根には5%と7%があり、口コミの全体的な印象では、ポラリスNR10・NR11ほどの発毛効果は期待できないように感じます。

ただ、効く人には効くようですし、ミノキシジルの副作用がすこし心配という人には、とりあえず爆毛根(7%)を試してからという選択肢もあります。

爆毛根の脱毛ブロックに作用する成分は、フィナステリドより強力なデュタステリドが0.1%配合されているので、脱毛の進行が速い人には爆毛根のほうがいいかも。

デュタステリドとは、2015年9月に国内でもAGA治療薬として正式に認可された「ザガーロ(内服薬)」の有効成分。フィナステリドより1.6倍の発毛効果が確認されている成分。

ただし、あくまでも内服薬のデータなので、外用薬としての効果はまだ分っていないのが現状。結局のところ、自分で試してみるしかないのですが、リアップよりははるかに期待が持てます。

爆毛根(7%)の口コミ

オオサカ堂 爆毛根ローション(Bakumokon)7%

K-1 自分的には、においもなく、効果も確実にあり、副作用もないので、すばらしい発毛剤と思います。いままでの肌のつるつるが発毛でざらざらになり、頭の頂上が、ピカピカの頭皮が直に見え、肌色だったのが、発毛したため、茶色ぽくなりました。ただし、値段がもう少し安ければいいなと思います。

K-2 家族からも確かに効果が見えてきたと好評!自分でも、三面鏡で確かめるとこれまでより薄毛の密度が濃くなってきたと感じます。

K-3 使い始めて一ヶ月経ちます。目に見えての変化はまだ感じられませんが、抜け毛は抑えられている様に感じます。抜け毛の季節になってくるので、これが維持できる様なら効果ありだと思います。

K-4 2度目の使用です、明らかに抜け毛が減り、髪が太くなってきました。髪が立ってきた感じがします、今後楽しみです。

K-5 爆毛根の7%にしてから抜け毛が急激に減って、健康な髪に近づいているので満足していますね。髪が太くなってきたおかげで、久しぶりにフサフサ感を感じています。

K-6 爆毛根を買うのは、2回目です。2箱使い切った段階ですが、ほんとうに毛が生えてきているので、正直感動ぎみです。ココでやめるわけにはまいりません。

参考:オオサカ堂

まとめ

・高濃度ミノキシジルである12%と16%のパワーは予想通り。

・爆毛根はポラリスNR10、NR11よりは発毛効果が期待できない。

・使用感や副作用の心配があるなら爆毛根がよい。

初めから個人の判断で勝手に個人輸入して、利用するのは控えたほうがいいと、個人的には思っています。

なぜなら、私の場合はリアップX5ですら、血圧の低下やたまに動悸といった症状があり、口コミなどでも「動悸」といった単語が目立つので、高濃度になればさらにこういった症状が出ることが考えられます。

その際、相談できる医師を持つという事で、安心して発毛に専念できる環境をつくれるため、専門医の指導のもとでなら安心ですね。

最後に注意すべき点は、ポラリスNR10・NR11と爆毛根には、フィナステリド、デュタステリドがそれぞれ配合されているため、女性や子供が触れるのは絶対にNG。管理にはじゅうぶん注意を払いましょう!

こちらの記事もよく読まれています

ミノキシジルに発ガン性はあるのか?統計的にはOKでもガン患者には使えない理由!

ロゲインよりカークランドがおすすめ?口コミをまとめてみた!

キャピキシル5%配合育毛剤を比較!効果、価格、特徴のまとめ

タイの育毛剤が生え際に効く!ブラックポムトンが高い評価を得ている理由とは?

キャピキシル育毛剤が2chで悪評判!その理由をまとめてみた!?

この記事の著者

すどう ゆうき

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る