フィンジアとリアップX5プラスの効果と使用感を比較!

フィンジアとリアップX5プラスの効果と使用感を比較!

新しい育毛成分であるキャピキシルが配合された「フィンジア(FINJIA)」は、キャピキシル配合育毛剤の中でもいちばんの新商品。

「リアップX5プラス」は、昨年10月に3つの有効成分が追加され、X5から進化した第1類医薬品の発毛剤。

どちらも育毛ユーザーの関心度が高い育毛をうながすアイテムですね。万人に効く毛生え薬が存在しないので、すべての人に効果と使用感が満足できる育毛剤がないのは、いうまでもないこと。

お互いに一長一短があるのは当然。実際に使用した経験から、効果と使用感を比較してみました!

育毛効果を比較

症状や体質が違うので、全ての人に同じ効果を期待するのは大きな間違い。お互いに長所、短所があり、生え際から薄くなっている人と、てっぺんから薄くなっている人では、得られる効果に違いがでてきます。

生え際の薄毛には「フィンジア」が期待できる

フィンジアにはキャピキシルが配合されているので、生え際の薄毛の大きな要因である還元酵素の働きを抑えることができる。これが最大のポイント。

髪の成長を止めてしまうDHTは、男性ホルモンが還元酵素の働きにより変化した脱毛の原因ホルモン。

生え際には還元酵素が多く存在しており、生え際が徐々に後退していくのはこの還元酵素5αリダクターゼの影響が大きい。

「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」を掛け合わせたキャピキシルのアカツメクサ花エキスは、男性ホルモンと還元酵素の結びつきを阻害する効果があり、生え際の脱毛の阻止に有効。

加えて、男性ホルモンの過剰を抑える「ヒオウギエキス」も含まれている。

キャピキシルってなに?という方はこちらが参考になります。

→ 育毛グッドライフ

頭頂部の薄毛には「リアップX5プラス」が期待できる

リアップの発毛成分であるミノキシジルは、男性ホルモンの抑制と還元酵素の阻害効果をもたないが、委縮した毛包を大きく育てる発毛には重要となる効果がある。

ミノキシジルは、毛乳頭細胞からVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌を促す作用があり、血行促進とともに血管新生をうながします。

フィンジアにも、ミノキシジル誘導体が含まれていますが、血行を促す同様の効果はあっても、毛包を大きく育てるまでの効果は期待できない。配合濃度も2%なので。

一般的に頭頂部は還元酵素の影響がすくない部位であり、生え際とちがい毛細血管もおおく存在する。ミノキシジルにより髪が復活した症例も多い部位。

ミノキシジルの効果が最大限に発揮できるので、著明改善がもっとも期待できます。

ミノキシジル誘導体ってなに?という方はこちらが参考になります。

→ 育毛グッドライフ

個人的には生え際から後退する薄毛なので、リアップX5では現状維持の効果しか得られなかった。しかし、フィンジアは生え際の毛密度が増えたように感じています。

頭頂部に関しては、リアップX5使用時のほうが毛の太い状態でした。

使用感を比較

フィンジアとリアップX5プラスの効果と使用感を比較!-1

塗布後の髪の状態に関しては、圧倒的にフィンジアのほうがいい。

リアップX5の場合、液体に粘着性があり塗布するとべたついた感じになる。乾くとゴワゴワ、カサカサといった状態の髪になります。

フィンジアは塗布しても嫌なべたつきがなく、乾いても自然な感じになるので、他人に育毛剤を使用していることを悟られない。

他人にバレないという意味ではニオイも重要な要素ですが、塗布した際はどちらもアルコールのニオイが少しする。しかし、30分もすれば消えるので、ニオイはどちらも気にならない。

使い勝手は好みの問題ですが、よくあるスポイトタイプのような煩わしさはどちらもない。

リアップX5プラスは、ノズルをちょくせつ頭皮に押しあて塗布するタイプ。定量塗布(1回1mg)できる仕様になっている。

フィンジアはスプレータイプで、使用量によっては1ヵ月もたない。

容量を比較すると、リアップX5プラスは60mg、フィンジアは50mgです。

副作用を比較

植物由来の成分で構成されているフィンジアは、アレルギーがなければほとんど副作用がない。

リアップのミノキシジルは薬剤ですから、とうぜん副作用を引き起こすケースもある。心臓や腎臓などに疾患がある人は、重篤な副作用を起こすことも。

頭皮のかゆみなどの軽微な副作用も、フィンジアよりリアップX5プラスのほうが多い。

敏感肌の私の場合、リアップX5使用時はなんとなく痒く感じましたが、フィンジアでは平気だったので、肌が弱い方はリアップX5プラスが合わない可能性が高いです。

まとめ!

効果と使用感を比較すればフィンジアがいいですね。

とくに生え際から薄くなるMハゲタイプなら、副作用のことも考えるとフィンジア。健康な体があってこその育毛ですから、フィンジアが勝っています。ただ価格を比較すると、どうしてもフィンジアのほうが高くなってしまう。

・フィンジア

通常購入:12,800円 定期購入:9,980円

・リアップX5プラス

薬局購入:7,611円 ネット購入:6,800~7,611円

こちらも一緒に読まれています

フィンジアとチャップアップの効果と使用感を比較!

ポリピュアEXとリアップX5プラスを比較して効果を評価してみた!

リアップX5プラスとチャップアップの優劣点を比較!

リアップX5とロゲインの違いを体験からまとめてみた!

爆毛根はMハゲ改善に秀逸な育毛剤?そう想う根拠をまとめてみた!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

ピックアップ記事

薄毛・AGA治療クリニックの3つの問題点!

2016-3-19

薄毛・AGA治療クリニックの3つの問題点!

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

SBC毛髪再生医療センター
ページ上部へ戻る