市販の育毛剤に効果はあるの?ガッカリの前に押さえておく5ポイント!

市販の育毛剤はどのくらいの効果があるのでしょうか?

ネットでしか購入できないモノや、薬局などでも購入できるものまでたくさんの育毛剤がありますが、誰でもムダな投資はしたくないですから、どのくらいの効果が期待できるのかは重要ですね。

育毛剤でガッカリする前に、これだけは押さえておきたいというポイントを5つ紹介します。

育毛剤は薄毛状態までしか効果がない

草原に木は生えるが砂漠には木が育たないというように、すでに地肌がくっきり見えた頭皮では、いくら肥料となる育毛剤を振りかけても、フサフサに育つことはない。

すでに委縮してしまっている毛包をすべて蘇らせるのは育毛剤ではムリ。

ところどころ発毛したとしても、一部に限られてしまうため、薄くなってきたと感じた時が育毛剤の使用時期。それを過ぎてからでは、お金と時間、労力をムダに費やすだけです。

育毛剤を使って現状維持なら効果アリ

リアップX5プラスでさえ、脱毛の抑制までがほとんど。

つまり、現状維持が効果なのです。脱毛がそれ以上進まなければ、やはりそれは育毛剤の効果という事になります。

リアップをやめたら一気にハゲてしまうのは、リアップの効果で髪を維持できていたからなので、止めればリアップ使用前の状態に戻るのではなく、リアップを使用していなければ本来進行していたハズの状態になるので、一気にハゲるのです。

市販の育毛剤で発毛効果が認められているのはリアップだけ

リアップは正確には発毛剤ですが、発毛剤をうたえるのは公に発毛が認められているミノキシジルが含まれているため。

もちろん、医薬部外品の育毛剤などでも発毛する場合もありますが、しっかりした発毛の臨床データがあるのはミノキシジルだけなので、その他の育毛成分で発毛するかどうかはその人しだい。

リアップでもフサフサに生え揃うのは1割程度

発毛効果が認められているからといって、すべての人に効果があるわけではないですし、発毛したとしても太く丈夫に育つとは限らない。

リアップを販売している大正製薬の臨床データからも分かるように、著明改善できる人は1割程度。それも生え際の薄毛ではなく、ほとんどが頭頂部の薄毛タイプ。

個人的な経験からすれば、生え際の不毛地帯から発毛するのはポツンポツン。まばらに発毛するだけ、その毛が育つのは3センチくらいまで。

つまり、手遅れ状態では発毛剤でもフサフサになることは、まず無いでしょう。

キャピキシル配合スカルプエッセンスは発毛シグナルを出すだけ

新しい育毛成分としてキャピキシルに注目が集まっていますが、キャピキシル配合スカルプエッセンスは化粧品に分類されます。

だからといって、発毛剤や医薬部外品の育毛剤に劣るとは限らないですが、キャピキシルが注目されたのは、ミノキシジルの3倍の効果があるというデータから。

しかし、このデータは実際に発毛したデータではなく、発毛に関わる信号が3倍というだけ。

髪が生成されるのは毛母細胞ですから、いくら信号を3倍発しても、弱体化した毛母細胞にそれだけの力がなければ、フサフサを目指すのはやはり過剰な期待となります。

終わりに!

薬局やドラッグストアーで購入できる育毛剤は、リアップ以外はほとんど効果がないと思っておいた方がいいです。

薬局で購入できる第2医薬品や第3医薬品というのは、医薬部外品の薬用育毛剤より効果があるように感じますが、それらの主要成分は『日本皮膚科学会』が定めた「男性型脱毛症ガイドライン」で「用いてもよい」程度のレベル。

「強く推奨する」のミノキシジルとは効果のレベルがまったく違いますし、医薬部外品の育毛剤より劣るものがほとんど。

どちらにしても、育毛剤で期待できるのは抜け毛の減少やボリュームアップ効果くらい。つまり、薄毛を完全に克服したいなら、薄毛・AGAの専門クリニックを選ぶべきですね。

育毛剤は初期の段階で効果を発揮するモノ、ここだけはしっかり押さえておきましょう!

⇒ おすすめAGA治療クリニック比較ランキング!

こちらの記事も一緒に読まれています
放置すればハゲ?急に脱毛や抜け毛が増える病気をまとめてみた!

毛髪再生の専門家からみた薄毛にまつわる都市伝説の真実はこれ!

リアップより強力な育毛剤・発毛剤とは?口コミを紹介!

育毛剤と発毛剤の違いとは?効果と副作用、表記の違いについてまとめてみた!

なぜ髪は細くなるのか?原因と太くする方法!

この記事の著者

すどう ゆうき

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る