薄毛、ハゲにヨーグルトは良いのか?得られる効能から考察!

薄毛、ハゲにヨーグルトは良いのか?得られる効能から考察!

ヨーグルトといえば、腸内環境を整えて免疫力を高める食品として認知されていますが、育毛食品としてはどのくらいの効能があるのか?

ヨーグルトの発毛をサポートする作用を考えてみました!

ヨーグルトはIGF-Iを増やして発毛に働きかける

「IGF-I」とは、骨、皮膚、筋肉、内臓、神経などにも存在するインスリン様成長因子のこと。アミノ酸の結合体でもあるIGF-Iは、毛根では発毛をうながす働きをするので、発毛因子と呼ばれることもある。

「カプサイシン」と「イソフラボン」の摂取で、胃や腸の知覚神経を刺激すると、このIGF-Iを増やすことができる。

と、一時期話題になったこともあり、IGF-Iの存在を知っている方も多いことと思います。残念なことに捏造があったとして終息していますが…、

ヨーグルトのような発酵食品も、発酵の過程でアミノ酸や有機酸、ビタミン類などの旨みや栄養素が増幅されるため、胃や腸に届くと知覚神経が刺激されてIGF-Iがたくさん生み出されます。

IGF-Iが増えれば、活性が鈍って委縮した毛母細胞を元気にすることができる。髪の生成工場である毛母細胞が活発に働けば、健やかに髪が育ちます。

ヨーグルトで腸内を改善すると頭皮環境が良くなる

腸内には数多くの細菌が存在しており、これらの腸内細菌を善玉菌として上手くまとめる働きがヨーグルトにはある。

腸内細菌が整っていない状態は、免疫力が下がり頭皮に悪さをする細菌の侵入を許してしまい、頭皮のバリア機能の低下、血行不良などから髪が生えにくい頭皮に進んでしまう。

ヨーグルトの腸内細菌を整える働きにより免疫力が向上すれば、頭皮を守るバリア機能が有害な紫外線をシャットアウトして、頭皮の潤いを保つ。血流もうながされ柔軟な頭皮になります。

上質な頭皮は、正常な肌のターンオーバー(皮膚細胞の生まれ変わり)で頭皮も柔らかくなり、髪が育ちやすい土壌が出来上がります。

また劣悪な頭皮は痒みやかぶれから炎症が起きやすく、吹き出物の原因にもなり、頭皮の若返りは育毛するうえで必要不可欠ですね。

髪の栄養素の吸収率が上がる

薄毛、ハゲにヨーグルトは良いのか?得られる効能から考察!-1

健康な髪にはタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が必要。

腸内環境が整うことで、食事などから摂取した栄養素が体内に吸収されやすくなる。育毛のために、サプリを飲んでいてもあまり効果を感じられない方は、吸収率が低いことが考えられます。

体内への吸収率は人それぞれなので、他の人に効果があるサプリを飲んでも、吸収率が低い腸内環境では違いがでて当然ですね。

また、腸内環境の乱れは便秘や下痢になりやすく、体内に毒素がたまる原因に。血液中に毒素が入り込んで、毛根にも毒素がまわると相当なダメージを受け、毛母細胞の分裂を鈍らせてしまう。

育毛にとって腸は大切な存在なので、腸内環境を整えるヨーグルトは有益な育毛食品です。

ヨーグルトの効能!

ヨーグルトは種類が多く、含まれている乳酸菌により効能が違ってきますが、育毛目的であればどのヨーグルトでも同様の効果が得られます。

乳酸菌の違いによる効果はこちらで紹介されています。

⇒ ヨーグルトが育毛に効く!乳酸菌の効果の違いを比較してみた

ヨーグルトの主な効能!

・アレルギー症状の緩和、改善

・風邪やインフルエンザの予防

・便秘の解消

・骨粗しょう症の予防

・肌荒れやニキビの予防、改善

・肌老化の予防

・生活習慣病の予防

まとめ!

・発毛をうながすIGF-Iを増やす

・免疫力を高めて健やかな頭皮を保つ

・髪に必要となる栄養素の吸収を高める

丈夫で強い髪は健康な体から生まれるので、その条件を満たす体質の改善には、ヨーグルトは優秀な育毛食品ですね。

とくに便秘や下痢をよくする方は、髪の栄養素不足や生成機能不全に陥っているかも?ですから、髪がうまく生成されなくなっていることも考えられるので、ライフスタイルにヨーグルトをとり入れてはいかがでしょうか?

こちらも一緒に読まれています

飲むだけで髪に効くルイボスティーの育毛効果・白髪予防効果とは?

酢の中でも黒酢がいちばん髪に効く理由を考察!

生姜の育毛効果はとり方によって効能が違う!

やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

ミカンで育毛!食べ方で抜け毛や髪の元気が左右する

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る