食品科学者が推奨するナッツの育毛効果!おすすめはマカダミアナッツ

食品科学者が推奨するナッツの育毛効果!おすすめはマカダミアナッツ

「ナッツは健康食!」と食品科学者が推奨するほど、ナッツは栄養満点の食品。

おやつやおつまみとしても手軽に食べられて、食事だけでは不足する栄養素を補えるため、美しい髪を保つことができます。

ナッツの中でも「マカダミアナッツ」が育毛にはおすすめ。ナッツ類全般の栄養素を含み、さらにプラスの効果があるからです。

ナッツの一般的な効能と、マカダミアナッツがもつ育毛をうながす効能をまとめてみました。

ナッツは栄養価が高い

食品科学者が推奨するナッツの育毛効果!おすすめはマカダミアナッツ-1

アーモンド、カシューナッツ、くるみ、ピスタチオ、ピーナッツなど、ナッツといってもたくさんありますね。

植物の種子ですから、その生命力は相当なもの。必要となる栄養素が凝縮されていて、栄養価が高いのは当然。

脂質、タンパク質、炭水化物の3大栄養素はもちろん、ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富に含まれています。

健康な身体の維持にはたらく栄養素ですが、ナッツの種類によってその質や量が違ってくるため、得られる効能に違いがでます。

ナッツの効能

欧米化が進んだ現代の食生活は、血液をドロドロにして血液循環を悪化させる肉類を多く食べるため、生活習慣病が増えている。

肉類はエネルギーの源であり、髪を構成するタンパク質が多く含まれているため、肉類が悪いわけではなく中和しないのが悪い。

肉類の脂分は高コレステロールの原因となる「飽和脂肪酸」。それに対し、ナッツは血液をサラサラにする「不飽和脂肪酸」です。

どちらも体に必要な脂肪酸であるため、バランスよくとれば健康が維持できる。不飽和脂肪酸は魚類からも摂取できますが、魚類をほとんど食べない方は、とくにナッツが健康維持に働きます。

マカダミアナッツの脂肪酸の効果

食品科学者が推奨するナッツの育毛効果!おすすめはマカダミアナッツ-2

マカダミアナッツには、植物の中で唯一「パルミトレイン酸」という一価不飽和脂肪酸が含まれている。

皮膚に含まれている成分によく似ているパルミトレイン酸は、皮膚の老化に関わる脂肪酸を補うはたらきがあり、加齢とともに老化する頭皮を若々しく保つことができる。

また、血管や皮膚の再生や修復を高めるため、加齢による薄毛にも効果が期待できます。

さらにナッツ類には、不乾性油の「オレイン酸」が含まれており、頭皮の乾燥や枝毛、切れ毛、髪のパサつきなど、頭皮や髪のトラブル改善にも効果的。

なぜなら皮脂の41%はオレイン酸が占めているため、頭皮のうるおいを保つために必要な成分だからです。

マカダミアナッツに含まれるオレイン酸とパルミトレイン酸との相乗効果で、頭皮の老化を防いで潤いも保たれます。

マカダミアナッツに含まれる栄養素の効果

タンパク質

毛髪は必須アミノ酸を含むアミノ酸が結合したタンパク質ですが、体内で合成できない必須アミノ酸は食事などから摂取する必要があります。

とはいっても、すべてを摂取するのは大変。しかし、マカダミアナッツにはその必須アミノ酸が理想的な量を含んでいます。

ビタミン、ミネラル

ビタミンE、ビタミンB群、ナイアシン、葉酸など、毛髪の合成をサポートするビタミンが十分に含まれています。

また、カルシウム、カリウム、リン、セレニウム、マグネシウムなど、数多くのミネラルが含まれているのも特徴。

 

これらのビタミンやミネラルは幅広く育毛のために活躍する成分なので、マカダミアナッツはナッツの中でも特に育毛に効きます。

まとめ

・髪を合成する必須アミノ酸をすべて含んでいる

・血液をサラサラにして血行促進

・頭皮の乾燥を防ぐ

・髪の生成を助けるビタミン、ミネラルが豊富

偏った食生活をバランスのとれた食事に改善するのはけっこう大変だったりしますが、マカダミアナッツであればいつでも食べられるので、髪にトラブルを抱えている方なら、自宅に保持しておきたい食品ですね。

ただし、食べ過ぎは逆効果となるので適度を心がけ、育毛の良いところ取りをしましょう!

こちらも一緒に読まれています

飲むだけで髪に効くルイボスティーの育毛効果・白髪予防効果とは?

酢の中でも黒酢がいちばん髪に効く理由を考察!

生姜の育毛効果はとり方によって効能が違う!

やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

ミカンで育毛!食べ方で抜け毛や髪の元気が左右する

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る