酢の中でも黒酢がいちばん髪に効く理由を考察!

酢の中でも黒酢がいちばん髪に効く理由を考察!

お酢といっても、穀物酢や米酢、果実酢などたくさんの種類がありますが、美しい髪や育毛には黒酢が一番いいですね。

もともとお酢は健康に役立つ働きがあり、ダイエットや美容にも最適。黒酢には、含まれている成分からそれ以上の髪にはたらく効果が見込めます。

黒酢が他の酢と比べてなにが髪に効くのか?まとめてみました。

黒酢とはどのような酢?

食事などに使われる酢は、麦やトウモロコシなどから作られたリーズナブルな穀物酢。まろやかさをもった米から作られた米酢は鮨などに用いられる。

それに対し黒酢は、玄米または大麦を1~3年かけてじっくり発酵、熟成させた酢。そういった過程から他の酢より栄養素が増します。

ただし、現在ではコストがかかり過ぎる、大量生産できるといったメリットもあることから、1~2日で発酵させる手法が主流。

何年もかけた黒酢より栄養価は下がりますが、それでも他の酢より栄養素を豊富に含んでいます。

黒酢が他の酢より髪に有益な理由

酢の中でも黒酢がいちばん髪に効く理由を考察!

髪の材料となるアミノ酸が豊富

毛髪のほとんどを占める「ケラチン」は、アミノ酸が結合したタンパク質。

黒酢には一般の酢より4倍くらいのアミノ酸が含まれており、偏りがちな食生活から不足するアミノ酸を補うことができる。

血流の改善効果

アミノ酸のなかでも、血管を拡げる働きのある「アルギニン」が黒酢に多く含まれているため、毛細血管から受け取る栄養素が毛根に行き渡りやすくなる。

アルギニンは体内でも生成される非必須アミノ酸ですが、加齢にともない体内で生成されなくなるため、黒酢から補えば加齢による薄毛の改善に繋がります。

髪をつくり出す毛母細胞の分裂を促す

一般の酢より黒酢は抗酸化作用が強いため、紫外線やストレスでもたまる活性酸素を取り除いて毛母細胞の弱体化を防ぐ。

活性酸素は老化を進めてしまうため、体内にどんどんたまれば髪を生み出す毛母細胞が元気をなくしてしまい、薄毛、抜け毛の原因に。

また酸化物質が血管にたまれば血管の老化となり、毛根に栄養分を届ける毛細血管が消滅してしまい、弱い細い毛が多くなります。

ビタミンやミネラルが豊富

黒酢はビタミンやミネラルをたくさん含んだ玄米から作られるため、一般のお酢より髪の生成をサポートする栄養素が豊富。

黒酢の健康・美容効果が育毛をサポートする

酢の中でも黒酢がいちばん髪に効く理由を考察!

毛髪は健康な体から生えるため、体内の機能に不具合があれば薄毛、抜け毛の原因になるので、体の健康は育毛にとって意外と重要。

黒酢には、様々な健康、美容効果があるので、間接的に強い髪の生成に働きます。

冷え性の改善

アミノ酸含有量が高いので、固くなりやすい赤血球をやわらかくして、頭皮の末梢血管まで温かい血液が届きやすくなる。

疲労回復

黒酢に限らずお酢には、酢酸、クエン酸、アミノ酸が含まれるため、エネルギーを生み出す、持久力を高めるといった疲労改善効果もあります。

ダイエット効果

お酢に含まれるクエン酸は、エネルギーを効率よく燃焼させる働きがあり、代謝が促される。また、大腸が活性化されるため、便秘予防となりダイエット効果も高い。

高血圧予防

お酢は血圧を上昇させる「ACE」酵素の働きを阻害する。黒酢は一般の酢より高血圧抑制効果が高いといわれています。

まとめ

黒酢は、何となく飲みにくいといったイメージがありますが、最近では飲みやすいフルーティな黒酢が低価格で販売されており、飲みやすくなっています。

ちなみに私は、7~10倍に薄めるタイプのマスカット味の黒酢をまいにち飲んでおり、体調がとてもいい。育毛効果が高く、ダイエット、美容効果も高いとなれば、普段の生活に積極的に取り入れたほうがいいですね。

こちらも一緒に読まれています

飲むだけで髪に効くルイボスティーの育毛効果・白髪予防効果とは?

生姜の育毛効果はとり方によって効能が違う!

やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

ミカンで育毛!食べ方で抜け毛や髪の元気が左右する

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る