やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

美髪に効く、ハゲに効くといった噂の食品は数多くあるが、意外と認知度が低い「きな粉」にも健康な髪をつくる効果があります。

髪の材料になる栄養素をたくさん含んでいる育毛食品はあるが、脱毛を抑える効能まであるという育毛食品は意外と少ない。

きな粉はどちらも兼ね備えており、低コストで簡単に摂取できることもあり、育毛ユーザーが密かにサブアイテムとして活用している食品です。

きな粉の美髪・育毛効果についてまとめてみました。

専門家もきな粉を評価している

管理栄養士でフードコンサルタントの中川貴子氏

きな粉には多くのタンパク質やビタミンやミネラルが含まれている。特に髪の生成に欠かせない亜鉛や、白髪に影響する銅の含有量が多いことが特徴です

参照元:アサ芸プラス

ヘアコンサルタントの松本英子氏

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、AGA(男性型脱毛症)の原因ホルモンであるDHTが減り、薄毛に効果があるのです

参照元:アサ芸プラス

きな粉は栄養素が凝縮されている

やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

もともと大豆食品は栄養価のたかい食品、きな粉は大豆等をすり潰して粉状にしているため、大豆のかたちでそのまま摂取するより、効率よく栄養素を体内に取り込める。

大豆には髪の材料となるたくさんのタンパク質をはじめ、髪の合成をサポートする「ビタミン」や「ミネラル」も豊富に含まれている。

さらに、体内に入るとDHA・EPAに変換される「リノレン酸」も含まれており、血液がサラサラになり血行促進が期待できます。

髪にトラブルを抱えているなら、毎日でも食べておきたい食品。ところが、髪のトラブルを抱えている人は意外と大豆食品が苦手だったりします。

それがそのまま薄毛に直結しているわけではないでしょうが、ホルモンバランスや自律神経を整える「大豆イソフラボン」も含まれているため、大豆食品が苦手でも抵抗なく摂取できる「きな粉」は秀逸ですね。

脱毛症予防に効く大豆イソフラボンとは?

薄毛ユーザーならすでに承知のことと思いますが、大豆イソフラボンの効果をおさらいすると、

AGA(男性型脱毛症)の原因ホルモンDHTは、5αリダクターゼ(還元酵素)の働きにより、男性ホルモンが変化した髪の成長を止めてしまうホルモン。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり、過剰な男性ホルモンを抑えるため、結果的にDHTの生成を抑制できます。

またホルモンバランスだけではなく、自律神経を整える働きもあり、代謝がうながされ頭皮環境、発毛環境などの向上にもつながります。

喜びの声も上がっている

・きな粉毎日食べ始めて2週間。髪の毛に力が戻ってきた感じ。安いし、ハゲにはきな粉

・シェイカーにきな粉ドバっと入れたのに黒蜜と牛乳混ぜたものを1日3回飲んでたら、抜け毛が減った

・2週間無調整豆乳に入れて飲んだら、生え際が驚くべきスピードで復活した!

毎日摂取するなら「きな粉」牛乳がおすすめ

やはり「きな粉」の育毛力は凄い、専門家も推奨するきな粉牛乳の効果!

自宅にきな粉をストックしておけば、いつでも簡単に摂取できるきな粉牛乳がおすすめ。

きな粉は植物性、牛乳は動物性のタンパク質なので、髪の材料となるタンパク質がバランスよく摂取できます。

コップ1杯の牛乳に大さじ1杯のきな粉が理想。ただし、冷たい牛乳に混ぜても溶けにくいので粉っぽくなり飲みにくいため、きな粉をあらかじめ少量のお湯に溶かしてから、牛乳に混ぜるほうがいい。

また、欲張ってきな粉をたくさん混ぜると飲みにくい。お好みでハチミツや砂糖を少しだけ加えると美味しくなります。

出来るだけ温めて飲むほうが髪にはいい。なぜなら、臓器を冷やせば栄養素の吸収力が低下するとともに、髪の材料となるアミノ酸がうまく作り出せなくなるからです。

まとめ

・きな粉には髪にひつような栄養素が凝縮されている。

・きな粉の大豆イソフラボンが脱毛を抑制する。

・大豆食品が苦手でも違和感なく摂取できる。

メタボ気味の人は黒豆きな粉がおすすめ。大豆には含まれていないポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれており、肥満抑制、血糖値抑制などの効果も得られます。

こちらも一緒に読まれています

育毛に毎日簡単にとれる黒豆きな粉がおすすめの理由!

飲むだけで髪に効くルイボスティーの育毛効果・白髪予防効果とは?

酢の中でも黒酢がいちばん髪に効く理由を考察!

生姜の育毛効果はとり方によって効能が違う!

ミカンで育毛!食べ方で抜け毛や髪の元気が左右する

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る