自毛植毛のリスク・問題点には何があるのか?

自毛植毛のリスク・問題点には何があるのか?

自毛植毛は薄毛・AGA治療クリニックなどで行われる医療行為になるので、とうぜん失敗のリスクはもちろん、高額の費用をかけても満足いかないリスクがあります。

よく言われるのが、「よい植毛医なら天国、悪い植毛医にあたると地獄の苦しみ!」そういった事がささやかれている自毛植毛施術ですから、問題点なども考慮したうえで植毛にのぞむべきですね。

ハゲからフサフサに復活したとしても、納得いかないケースもあるため、リスク・問題点をまとめてみました!

自毛植毛の問題点

医療の進んだ日本に住んでいると、自毛植毛の分野でも先進国のように感じてしまうが、実は日本は後進国。

早くから植毛に取り組んできたイギリスやアメリカは植毛先進国であり、植毛に関する学会が存在しますが、日本には学会どころか、研修制度も整っていない。

そうした事を危惧して、国際毛髪学会はイギリスやアメリカ以外の国々に対して、注意勧告しています。

国際毛髪学会のHPはこちら⇒ 『緊急:消費者への警告

・無免許、無資格者、植毛手術の訓練を受けていない医師による施術

(植毛施術をすべてできる機械は存在しないため、機械で行うにしても一定のスキルが必要。)

・「傷跡が残らない手術」といった過大広告

(機械にしても人の手で行うにしても、表皮を切開すれば傷は必ず残る。大小の違いだけ。)

日本でも美容分野なんかで、無資格者が手術を行って逮捕されているケースがあるため、植毛担当者が資格はもちろん、そのスキルを有しているかくらいは確認するべきですね。

また、どの分野でも一定の過大広告が存在するのは仕方がないことですから、正しい知識を持っていないと、後でトラブルとなる確率が上がります。

担当医に確認するべき要項

1)脱毛の診断を下し、その治療を勧めるのは誰か?

2)脱毛治療のためのスキル(教育、訓練、免許、経験)がどのくらいあるのか?

3)手術に関与するのは誰か?彼らの植毛手術を行うためのスキルと役割は?

4)認定資格を持っていない人が、手術中に切開や採取、移植を行うことがあるのか?

5)4に該当するなら、その人が実行しても法的に許可されているのか?

6)手術に関わるすべての人が医療過誤保険に加入しているか?

自毛植毛のリスク

自毛植毛のリスク・問題点には何があるのか? -1

移植後の傷跡

現在、自毛植毛の主流である「FUT」と「FUE」は、どちらも傷跡が目立ってしまう場合があります。

FUT(Follicular Unit Transplantation)

FUTは頭皮ごと横長の帯状にメスで切り取るため、採取後はその部位を縫う必要があり、下記のトラブルが考えられます。

・あまりにも広範囲を切りとるとライン状の傷跡が目立つ。

・頭皮の柔軟性を考えてうまく縫合しないと、頭皮が突っ張ってしまい、不快感に悩まされる。

FUE(Follicular Unit Extraction)

FUEは専用パンチを用いて毛根をくり抜くため、FUTのようにメスを使わないので傷跡が小さく済む。しかし、あまりにも広範囲を採取すれば、くり抜いた部位が目立つ要因になり得る。

・頭皮の色より白いまるい点状の傷跡は意外と目立つ。

・シミのように色素沈着を招いて不自然になることもある。

ロボットで行うARTAS(アルタス)自毛植毛もこのFUE方式。詳細はこちら

⇒  ARTAS(アルタス)自毛植毛とは?ロボット植毛の実力を考察!

移植後の定着率

経験を積んだ医師が100本植毛しても、実際に髪が生えるのは90本くらい。ARTAS自毛植毛の場合、採取はロボットで行うが植毛は医師の手で行うため、結局のところ担当医師の技量しだい。

ですから、担当する医師の技量を確認しておいたほうがいいですね。

ショックロス

植毛は手術ですから麻酔などを用いるため、元気な毛が抜けることがあり、10~15%程が一時的に抜けてしまう現象を「ショックロス」という。

半年~1年後には元に戻りますが、多くの方にみられる現象なので、慌てないために前もって知っておく必要がありますね。

期間

術後2~4週間頃に始まり4~5ヵ月くらいから回復してくる場合がほとんど。人によっては2~4ヵ月後に抜け始めて、5~6ヵ月くらいから回復に向かう場合もあります。

髪が抜ける部位

移植範囲とその周囲および局所麻酔の注射をうった部分。

不自然な仕上がり

自毛植毛のリスク・問題点には何があるのか? -2

仕上がりの満足度も医師の技量によって異なるため、トラブルとなるケースがあります。

不自然な生え際

生え際は短い毛や長い毛が混在する部位であり、その生え際ラインもジグザグである場合がほとんど。それが一直線だったり太い毛ばかりだったりして植毛がばれる場合も。植毛の前に仕上がり状態を担当医師に確認したおくべきです。

バランスの悪い髪の密度

今ある自分の毛を過疎化地帯に移動するだけですから、有限な毛をバランス良く配置しないと、毛の濃い部位と薄い部位ができてしまう。

不自然なつむじ

短髪の場合、どうしても不自然なつむじとなりやすい。毛が生えている方向はそれぞれ違うため、無視した植毛は不自然ですね。特につむじ周辺は不自然さを排除するのは難しいです。

まとめ

・担当医師の技量やスキルで満足度が違う。

・前もって植毛後の仕上がり状態を確認。

・移植後の定着率、ショックロス

自毛植毛でトラブルとなって後悔しない為には、上記のことだけは確認しておきたいですね。

また初めから1クリニックに絞らず、無料カウンセリングを利用して複数のクリニックで十分に内容を確認したうえで、決断することをおすすめします。

こちらも一緒に読まれています。

無料カウンセリングは必ず複数うけるべき!薄毛治療を成功させる5つの秘訣

薄毛・AGA治療クリニックの3つの問題点!

AGA治療クリニック相談前に押さえておきたい8つのポイント

AGAクリニック選びの比較するべきポイント3つ!

おすすめAGA治療クリニック比較ランキング!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る