デュタステリドとフィナステリドの効果と副作用を比較!

デュタステリドとフィナステリドの効果と副作用を比較!

2015年9月に厚生労働省により、AGA治療薬として新たに認可された「デュタステリド」を有効成分としている「ザガーロ」。

AGA治療薬として、一般的に処方されてきた「フィナステリド」を有効成分とする「プロペシア」とはどのような違いがあるのでしょうか?

期待だけでなく、実際にたかい効果を得られることから、AGA(男性型脱毛症)治療薬として育毛ユーザーから大注目されています。

有効成分デュタステリドとフィナステリドの効果と副作用の違いをまとめてみました。

デュタステリドとは?

デュタステリドは「アボルブ」という商品名ですでに前立腺肥大症治療薬として厚生労働省に認可されている。それがAGA治療薬としても、厚生労働省からお墨付きを得ただけ。

そういった経緯もあり、薄毛・AGA治療クリニック等で「アボルブ」が処方されており、商品名が違うだけで有効成分は同じですから、AGA治療薬としては画期的な成分ではないですね。

デュタステリドとフィナステリドの作用の違い?

デュタステリドとフィナステリドの効果と副作用を比較!-1

この2成分の効果の違いは作用の違いにあります。

AGAの元凶ホルモンであるDHTは、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう。それが原因で、元気な髪が育たなくなり脱毛症が進みます。

そのDHTを生み出す5αリダクターゼ(還元酵素)は、男性ホルモンをDHTに変換してしまうため、5αリダクターゼを働かなくすることが、AGAのいちばんの対策。

その役目を担うのが、作用の違うデュタステリドとフィナステリド。

デュタステリドは5αリダクターゼの1型、2型両方を抑え込みます。

フィナステリドは2型を抑え込むが、1型に効かない薬。

AGAは2型5αリダクターゼの影響が大きいといわれていますが、1型の存在も無視できないため、両方に効くデュタステリドに高い効果が期待される。

デュタステリドとフィナステリドの副作用の違い?

デュタステリドのほうが高い効果を期待できるが、副作用発現率も高くなる。添付文書によると、

フィナステリドを有効成分とするプロペシアは4%。

デュタステリドを有効成分とするアボルブは10.9%(403例中44例)。

なんと2.5倍くらい高い発現率。それも肝機能障害などの重篤なケースもあります。

また、添付文書には発がん性も記述されていますが、実際のところはまだ因果関係がわかっていないですし、確率からすればタバコの発がん性よりはるかに低いです。

デュタステリドとフィナステリドの発毛効果の違い?

デュタステリド0.5mgとフィナステリド1mgで比較試験を行ったところ、デュタステリドのほうに約1.6倍の発毛効果が得られたという結果。

デュタステリドとフィナステリドの効果と副作用を比較!-2

参照元:浜松町第一クリニック

20~50歳の日本人のAGA患者120例を対象に、26週と52週にてデュタステリドの有効性を検証したところ、

頭頂部の直径2.54cm円内における直径60μm以上の丈夫な毛の数は26週(60.8本)、52週(76.9本)それぞれ順調に増加しており、確実に増毛効果が得られているようです。

まとめ

・デュタステリドは少ない量でも1.6倍の発毛効果が得られる。

・デュタステリドの副作用はフィナステリドより2.5倍たかい。

・すでにハゲている方でもデュタステリドは期待できる治療薬。

デュタステリド、フィナステリドともに、5αリダクターゼの阻害効果なので、萎縮してしまった毛包から発毛させる力が備わっているかには少し疑問。

ですが、今までのフィナステリド(プロペシア)で改善できなかった方にとっては、希望の治療薬になることには違いないですね。

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る