AGAクリニックと育毛サロンの大きな違い!

AGAクリニックと育毛サロンの大きな違い!

日本の薄毛人口は年々増加の一途なので、ヘアケア業界は元気いっぱい。中でもクリニックおよびサロンの売り上げは右肩上がりですね。

とくに若年層や女性までもが、ヘアケアのために何らかの対策をしているという統計データも出ており、今後もどんどん市場が拡大していきそう。

そんな中、「AGAクリニック」と「育毛サロン」の違いを知らない人が意外と多く、適切な対策ではなくムダにお金を浪費する人もいるようです。

どちらも髪や頭皮のケアを専門としていますが、大きな違いをまとめてみました。

育毛サロンとは?

育毛サロンでは医師が駐在していないため、医療行為は一切できません。おもに頭皮ケアを行い、頭皮の健全化を促して発毛を目指します。主な内容は、

・毛穴に詰まっている皮脂などの汚れをきれいに洗浄

・頭皮マッサージによる血流の改善

・髪に必要な栄養を補う

・自宅での正しい頭皮ケアの仕方を伝授

代表的な育毛サロンといえば、アデランス、アートネイチャー、バイオテック。

薬などで治療をするわけではないので、副作用などの心配がないというメリットもある。正しいヘアケアや頭皮ケアの仕方も教えてもらえます。

デメリットとしては

・費用が高額になるにもかかわらず、医療行為ではないため薄毛改善率が低い。

・1年以上通わなければ効果を実感することが出来ない。

・過剰に勧誘してくる施設もあり、よくない噂が後を絶たない。

AGAクリニックとは?

AGAクリニックと育毛サロンの大きな違い!

専門医師が施術を行うAGAクリニックは薬治療をはじめ、頭皮にちょくせつ注入する育毛メソセラピー、毛髪再生治療、植毛など、あらゆる治療が受けられます。

ただし、クリニックにより取り扱っている施術の範囲が違うので、詳細は各クリニックの公式サイト参照を願います。

育毛サロンとの決定的な違いは、薄毛を医療行為によって治療するための施設。

ですから体への負担はありますが、専門医師による治療なので、副作用などを観察しながら治療してもらえるため、合理的に薄毛・AGA治療ができます。

一般病院の皮膚科で行う薄毛治療とは?

AGAクリニックと一般病院皮膚科の薄毛治療の違いも紹介しておきます。

AGAクリニックは都市部に集中しているため、地方の方は病院の皮膚科を受診されることも多いですが、薄毛治療のために一般的な病院で治療しても改善率は低い。

なぜなら、皮膚科で処方されるのはプロペシアだけ。ヘアケアの専門医でない一般的な皮膚科は、『日本皮膚科学会』が定めたガイドラインに沿った薬を処方するだけです。

プロペシアは脱毛を抑える作用だけなので、毛を生やす力は乏しい。そのため、必然的に改善率が低くなります。

まとめ

ヘアケアに育毛サロンはNGという事ではなく、選択を間違えてはいけないということ。

お金に余裕があり、美髪を取り戻したいという方にはAGAクリニックではなく育毛サロンですね。

ヘッドスパなどはリラクゼーション効果が高いため、頭皮を緊張から解放するにはとても有益なこと。それにより萎縮した毛根が元気を取り戻せば、髪にハリやツヤがよみがえります。

逆に、薄毛改善を目的とするならAGAクリニックですね。

育毛サロンのようなリラクゼーション効果は得られないが、合理的に薄毛改善を目指せます。

おすすめのAGAクリニックはこちらで紹介しています。

⇒ おすすめAGA治療クリニック比較ランキング!

こちらも一緒に読まれています。

⇒ AGAクリニックの費用と治療法!価格順にまとめてみた

⇒ AGAクリニック選びの比較するべきポイント3つ!

⇒ AGA治療クリニック相談前に押さえておきたい8つのポイント

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る