ARTAS(アルタス)自毛植毛とは?ロボット植毛の実力を考察!

ARTAS(アルタス)自毛植毛とは?ロボット植毛の実力を考察!

自毛植毛の分野では日本は後進国。植毛先進国であるアメリカより、植毛に携わる医師のスキルや経験が低かったり乏しかったりするのは事実。

もともと日本には植毛に特化した学会が存在せず、海外のような植毛の研修制度も整っていないことも、自毛植毛施術を難しくしています。

そんななか登場したのが、「ARTAS(アルタス)」という最先端のロボットを用いた自毛植毛施術。

施術者のスキルや経験で、施術後の満足度に大きな違いがでるといわれる自毛植毛ですが、施術者の技能に左右されず、患者の満足度を高められるため、植毛分野で今もっとも話題となっています。

ARTAS(アルタス)自毛植毛とは?

2011年4月に米国のFDA(食品医薬品局)から認可を受けた米国製の植毛ロボット。

ロボットというと、自毛植毛施術のすべてをロボットが行うようなイメージを受けますが、実際には移植する毛髪の採取のみをロボットが担当し、頭皮への植え付けは1本1本手作業となります。

一般的な自毛植毛で問題になるのは、後頭部などから採取した傷残り。採取した毛髪の生着率など、いろんな角度で生えている毛髪を正確に採取するには相当なスキルが必要。

どんなに優れた植毛医でも、人の手での採取には限界がありムダとなってしまう毛髪が多くなりますが、植毛ロボットARTASは正確に採取することができるため、ムダとなる毛髪が少なく済みます。

ARTASの特徴!

ARTAS(アルタス)自毛植毛とは?ロボット植毛の実力を考察!-3

4つのCCDカメラを用いることで、毛髪の角度、方向、分布、密度などを三次元的に把握できるため、正確な採取を可能にしている。

毛根の採取に使われる工具は、外側パンチと内針の2重構造となる2ニートル。内針で皮膚だけをパンチして、その後に外側パンチが固定することで、正確に毛包単位でムダなく吸引できます。

さらに頭皮の傷も最小限に抑えられるといったメリットもある。

ニードルのパンチの深さや角度などの調整が重要となりますが、ARTASは微妙なズレを算出して次のパンチに瞬時に反映させるため、担当医のスキルに左右されない。

難しいプロセスを植毛医のスキルに左右されず実現したのがARTASの最大の特徴です。

ARTASと他の自毛植毛の違い

ARTAS(アルタス)自毛植毛とは?ロボット植毛の実力を考察!-1

参照元:AGAルネッサンスクリニック

大きな違いは毛髪を採取した際の頭皮の傷跡ですね。

自毛植毛にはメスで皮膚ごと採取する植毛、メスを使わないFUE植毛がありますが、ARTASと比べるとどうしても傷跡が目立つ傾向にあります。

ARTAS(アルタス)自毛植毛とは?ロボット植毛の実力を考察!-2

参照元:AGAルネッサンスクリニック

施術後の傷の治り方も、一般の自毛植毛施術よりかなり早いです。

また植毛は体の負担だけでなく、精神面でも負担を強いられますが、人の手による施術より短時間で完了するため、受けるストレスを軽減できます。

ARTASの費用について

最先端のロボットを用いて行う施術ですから、費用が高額になるイメージですが、もともと自毛植毛は高いこともあり、他の自毛植毛施術より少しだけ高くなるだけ。

それもモニター価格で申し込めば、100,000円~200,000円ほど安くなるため、よほど安いクリニックでない限り、ほとんど費用に差を感じないですね。

終わりに

現在、国内でARTASを導入しているクリニックは知る限りでは、

AGAルネッサンスクリニック

聖心美容クリニック/毛髪再生外来

TOMクリニック

他にもあるかもですが、その中で世界一の症例数をほこる「AGAルネッサンスクリニック」がおすすめ。ただしARTAS植毛を受けられるルネッサンスクリニックは札幌、仙台、新宿、大阪、福岡の5院です。

実際の費用や内容は期間によって異なることもあるため、AGAルネッサンスクリニックの公式サイトを参照して下さい。

1-1-1

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る