なぜ薄毛やハゲになるのか?脱毛は「17型コラーゲン」と判明!

なぜ薄毛やハゲになるのか?脱毛は「17型コラーゲン」と判明!

加齢により髪が抜けたり薄くなったりするのは、「17型コラーゲン」の欠損が大きく関わっていることを「東京医科歯科大」のチームが『米科学誌サイエンス』に発表。

毛を生みだす毛包は「幹細胞」のダメージにより、徐々にうまく複製できなくなると、ミニチュア化して細い毛しか生み出せなくなり、やがて毛包はフケや垢となって脱落していくことが判明した。

マウスでも加齢により薄毛となることに着目

「東京医科歯科大学」の難治疾患研究所、幹細胞医学分野の「西村栄美教授」を中心とする研究グループは、加齢により幹細胞の働きがどのように変化するのか?

に着目し、マウスを用いて長期にわたって追跡調査した。あわせてヒトの頭皮の加齢による変化も解析。

皮膚には毛を生みだす小器官である毛包が存在し、その毛包にある幹細胞が毛をつくる細胞を生み出している。この毛包幹細胞が毛周期ごとに細胞分裂をくり返して健康な髪が生成される。

しかし、加齢にともなって自己複製できなくなると、毛をつくる細胞を生み出すかわりに、表皮の角化細胞へ変化して皮膚表面からフケ・垢として脱落していくことを確認した。

それにより、マウスでも加齢により薄毛になることが判明した。

毛包幹細胞が働かなくなる原因は「17型コラーゲン」

なぜ薄毛やハゲになるのか?脱毛は「17型コラーゲン」と判明!

参照元:東京医科医科大学難治疾患研究所

毛包幹細胞が働かなくなった原因を調べたところ、コラーゲンの一種である「17型コラーゲン」が欠落していることが判った。

老齢化したマウスでも、17型コラーゲンをつくり続けていたマウスは毛が抜けにくいという結果から、加齢にともない毛包幹細胞のDNAにダメージが蓄積すると、うまく複製されなくなることが原因。

つまり、毛周期により毛になる細胞に複製される過程で、DNAの損傷がうまく修復できないと、毛をつくる幹細胞が正常に複製されず、細い毛になったり皮膚に変化したりする。

そのキーとなる17型コラーゲンはサプリやドリンクで摂取してもまったく意味がないそうです。

治療できる脱毛症とは?

毛包幹細胞が17型コラーゲンをうながす物質の発見、またはコラーゲンの分解をふせぐ物質を探し出せば、脱毛症や白髪の改善になることが想定される。

がんの放射線治療により髪が抜けおちてしまった患者、先天的に17型コラーゲンの欠損での若年性脱毛症、加齢による薄毛などに役立つとみられる。

しかし、すべての脱毛症の改善につながるとは言えない。成人男性の薄毛の90%以上はAGA(男性型脱毛症)、円形脱毛症や粃糠性(ひこうせい)脱毛症など、それぞれに特有の原因が異なるため、おそらく治療できる脱毛症は限られます。

まとめ

・加齢による薄毛・脱毛の仕組みが明らかなった

・17型コラーゲンの欠損が毛の細胞分裂の障害となっている

・研究が進めば、特定の脱毛症の改善に期待がもてる

毛包が萎縮して消失する仕組みがはじめて明らかになったので、メカニズムが判明すれば今後AGAの治療にも弾みがつきそうですね!

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

AGA

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

AGA
ページ上部へ戻る