AGA治療クリニック相談前に押さえておきたい8つのポイント

AGA治療クリニック相談前に押さえておきたい8つのポイント

髪がヤバイ!となったら、すぐAGAクリニックに飛び込む人は少ないと思います。

なぜなら、経験がないことを始めるにはそれなりの心の準備が必要だから。

初めてクリニックを訪れる方の中には、かなり緊張される方もチラホラ。他人に悟られたくない悩みだけに、知識も乏しいですからそうなるのは必然のこと。

そんな状態では的確なジャッジができないですね。クリニックに相談する前に押さえておきたい8つのポイントを紹介します。

無料カウンセリングから治療までの流れ

最近では、AGAクリニックのほとんどが無料カウンセリングを取り入れています。

ただし、メールだけのやり取りの場合もあるので、それぞれのクリニック公式サイトを参照。

一般的にはWebか電話で無料カウンセリングの予約をとり、担当スタッフ(専門医)によるカウンセリング。

治療内容、費用、効果、副作用などに納得したうえで治療を開始します。無料カウンセリングを受けたからといって、治療を強要されることはない。

もし、強要されるようならそのクリニックでの治療は避けるべし。せめて2クリニックでカウンセリングを受けてから治療をはじめないと、後で後悔する確率が高くなります。

診療にかかる時間は?

AGA治療クリニック相談前に押さえておきたい8つのポイント-1

ほとんどのAGAクリニックは完全予約制なので、初診時はおよそ1時間。ほとんどをヒアリングに時間をかけます。検査や投薬処方などを含めると1時間くらい。再診時はおよそ20分くらいです。

治療を行っても効果がない人もいる

かなり高い確率で効果を得られるが、100%の治療法は存在しないので、どのクリニックでも改善率は80~99%とうたっています。

とうぜん改善率の高い治療法を選択すれば、費用も高額になりますし、薄毛の程度で治療法も変わってくるので、早期に治療をはじめれば改善率も上がり、費用も抑えられます。

治療効果はどのくらいで実感できる?

ヘアサイクルからすれば早くて3ヵ月くらい経過した頃。いきなり太い髪がたくさん生えることはないが、遅くても半年くらいたった頃。

来月結婚式だからといって、1ヵ月で改善させたいというのは無理ですから、余裕をもってのぞまないといけない。

治療期間はどのくらい?

AGAは基本的に完治する脱毛症ではないため、治療は継続する必要がある。

ただし、改善すれば後は維持するだけですから、維持のための治療に切り替えれば、費用も抑えられます。

そういった意味での改善治療の期間は1~2年ですね。

どういった治療なのか?

それぞれのクリニックにより異なるので、詳細は各クリニックの公式サイトを参照。

薬治療に用いられるのは、内服薬ではプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ、アボルブ(デュタステリド)、ミノキシジル内服薬など、外用薬はミノキシジル。

また頭皮にちょくせつ注入する育毛メソセラピーやHARG療法(ハーグ療法)などがあり、針を使わないノーニードルが人気。

治療法と費用はこちらで紹介しています。

⇒ AGAクリニックの費用と治療法!価格順にまとめてみた

カツラをかぶっていても大丈夫?

350d28cf9a291c223b21aa52746dfe94_s

内服薬だけの処方ならまったく問題ないが、外用薬も併用する場合はかつらの着用は避けたほうがいい。

外用薬であるミノキシジルは、痒みやかぶれなどを引き起こしやすいので、炎症してただれたりすることもあります。

ただ、内服薬だけの処方でも十分に効果を見込めるので、それほど心配する必要はないです。

発毛サロンとの違い?

AGAクリニックと発毛サロンを同じように思われている方もいますが、医療機関でない発毛サロンは薬を処方できない。もちろん、医師もいないためその他の医療行為も一切行えない。

そのため、全てではないですが黒い噂が後を絶たないですね。

まとめ!

AGAクリニックの費用は初診料が無料だったり、処方される薬の費用もバラバラだったりして、クリニックにより異なります。

一般的には薬だけの治療であれば、月30,000円くらいと考えておけばいいでしょう。

どうしても進行してからでは改善に時間がかかり、費用も高くなりがち。髪がヤバイと感じたら早めの相談がいちばんの良策です。

薄毛の進行は待ってくれないので、無料カウンセリングだけでも受けておけば、髪のストレスがかなり軽減されます。

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る