なぜM字ハゲは改善しないのか?生え際の後退をふせぐ秘訣はこれ!

  • 2016-3-13
なぜM字ハゲは改善しないのか?生え際の後退をふせぐ秘訣はこれ!

生え際からどんどん後退していくM字ハゲ、加齢でも後退していくが、改善を試みてもまったく効果がない。効果がないどころか、これ以上はマズイという最終ラインすら守れない状態に陥る。

薄毛のタイプの中でも、M字ハゲタイプは改善どころか現状維持すらむずかしいですね。

それには理由があり、M字ハゲを引き起こす原因にアプローチすることがむずかしいため。今より後退しないための秘訣をまとめてみました。

M字ハゲが改善しない理由!

生え際から薄くなってしまうと改善をむずかしくする理由は、大きく別けて2つ。

もともと毛細血管が少ないため、育毛剤を使用しても効果が伝わらない

栄養分や酸素などは血液によって運ばれるため、そのルートである血管が存在しなければ、眠っている毛根を育毛剤で目覚めさせようとしても、有効成分が届かない。

脱毛ホルモンDHTを生み出す「2型5αリダクターゼ」が多く存在する部位

髪の成長を止めてしまうDHTは、男性ホルモンと5αリダクターゼ(還元酵素)が結びついて生まれる。5αリダクターゼには1型と2型があり、AGA(男性型脱毛症)は生え際におおく存在する2型5αリダクターゼの影響が大きいといわれている。

また2型5αリダクターゼはひげの濃い人に多いといわれています。

生え際の最終ラインを守るには

なぜM字ハゲは改善しないのか?生え際の後退をふせぐ秘訣はこれ!-1

血液中の男性ホルモンの濃度を下げる

食品

大豆食品には「大豆イソフラボン」が含まれており、食事などで体内に取り込めば、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、男性ホルモンの過剰をふせぎます。

シイタケなどのキノコ類には「エルゴチオネイン」が含まれており、5αリダクターゼを阻害する効果が確認されているため、育毛剤「ヘアーリスペクト」、「エル・グロウ」、「エルゴQ16」などに含まれています。

軽い運動

ウオーキングやストレッチなどの有酸素運動は男性ホルモンを消費します。

激しい運動でも男性ホルモンは消費されるが、逆に増えてしまう場合もあるので、ジョギングまでにしておいたほうが無難です。

人はそれぞれ体質が異なるため、ハゲ遺伝により男性ホルモンが5αリダクターゼ(還元酵素)と結びつきやすい方は、生え際を後退させる要因を増やしてしまう。

もちろん、激しい運動(無酸素運動)をしてもフサフサな方はいるので一概にはいえないですが、自分の体質がどうなのかというより、血液中の男性ホルモンの濃度を下げられる有酸素運動がおすすめです。

髪の分け目をかえる

なぜM字ハゲは改善しないのか?生え際の後退をふせぐ秘訣はこれ!-2

つねに同じ分け目だと、おなじ部位ばかりに負荷がかかり、毛根に強いストレスを与えてしまう。Mハゲ予備軍だと感じていたら、髪の分け目は頻繁に変えるべき。

また、長髪も毛根へのダメージは相当なもの。どうしても髪が引っ張られるため、出来るだけ髪は短くしたほうがいいですね。

サプリを利用する

育毛サプリで生え際の改善はむずかしいが、現状より後退させないためには有益。永眠してしまった毛根を目覚めさす事はできないが、いま髪を元気に生成してくれている毛母細胞のダメージの軽減にはなる。

一般的な育毛サプリに含まれる「ノコギリヤシ」や「バナナ抽出物」は、5αリダクターゼを阻害する効果が確認されているため、体の内側から働きかけられる。

さらに、髪の合成に必要となる栄養素が効率よく摂取できるので、生え際の後退防止をサポートしてくれます。

育毛剤を利用する

発毛剤であるリアップには「ミノキシジル」が含まれており、血管拡張作用や血管新生作用があることから、うまく効果を得られれば後退の阻止に有効ですが、副作用や耐性がついて効果が低下することもある。

稀にですが初期脱毛(基本的に良い兆候)を起こすこともあり、途中で挫折するとそれまで維持してきた毛がゴッソリ抜けます。(経験から)

リアップで著明改善したケースのほとんどは頭頂部の薄毛ということもあり、M字ハゲには厳しいのが事実。

育毛剤は医薬部外品ではあるが、「オウゴンエキス」、「ヒオウギエキス」、「キャピキシル」などの脱毛ブロック成分を含む育毛剤なら、有益な効果を発揮することもあります。

薬を利用する

主に、皮膚科や薄毛・AGA治療クリニックなどで処方される「プロペシア」、「アボルブ」は、体内に入ると5αリダクターゼが働かなくなるので、後退をふせぐにはかなり有効。

ちなみに、「プロペシア」は2型5αリダクターゼだけにしか効かない。

「アボルブ」は1型、2型両方に効きます。

さらに服用するタイプの「ミノキシジル」なら改善まで期待できます。

ただし副作用の危険度は、プロペシア<アボルブ<ミノキシジルタブレット

重篤な副作用を引き起こす場合もあるので、必ず専門医に指示に従いましょう!

まとめ

・血液中の男性ホルモンの濃度を下げる

・髪の分け目をかえる

・サプリを利用する

・育毛剤を利用する

・薬を利用する

人によって薄毛の程度が違うので、すでに最終ラインを超えている人にはあまり役に立ちませんが…、

まだギリギリのところで止まっている方なら、育毛剤+育毛サプリの利用で状態が好転する可能性があります!

 

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

SBC毛髪再生医療センター
ページ上部へ戻る