薄毛・AGA治療クリニックの3つの問題点!

  • 2016-3-19
薄毛・AGA治療クリニックの3つの問題点!

初めて薄毛、AGA治療をスタートしようとすると、経験がないことなのでいろいろな不安が出てきます。

中でもAGAクリニックに飛び込むには、わからないことが多すぎてハードルが高いように感じますが、前もって整理してのぞめば不安は確実に減ります。

薄毛、AGA治療専門のクリニックにはどのような問題点があるのか?まとめてみました。

治療費用が高い

薄毛、AGA治療は健康保険が適用されない自由診療なので、治療費はすべて自己負担となり、高額になることが誰でも予想がつきます。

診察料、薬代、検査代など、どれをとっても安くはない。さらにそのクリニックのオリジナル処方となれば、予想がつかない金額に。

しかし、初診料、再診料が無料というクリニックもあるので、

・明朗な会計システム

・治療の流れがしっかり記されている

クリニックの公式サイトで費用が明確に記述されていないところは避け、無料カウンセリングを利用して、2~3クリニックで相談して治療を受けるAGAクリニックを選ぶべきです。

治療法の名称がバラバラでわかりにくい

薄毛・AGA治療クリニックの3つの問題点!

AGAクリニックは薬療法だけでなく、「育毛メソセラピー」、「HARG(ハーグ)療法」、「KERASTEM(ケラステム)」などといった頭皮にちょくせつ注入する毛髪再生治療も盛んにおこなわれており、ある程度の知識がないと何がどう違うのかわからない。

治療法の名称が統一されていないうえ、費用もクリニックごとにまったく違うため、単純に比較できないといった問題がある。

そのため、自分の薄毛の症状に応じてクリニックを選ぶべき。進行しているならこうした再生治療も視野に入れて比較しないと、治療費が高額になってしまう。

都市部に集中している

薄毛、AGAを専門にしているクリニックのほとんどは都市部に集中しているため、地方に住む方は交通費や時間も考えなければならない。

発毛の経過を監視しながら治療を進めていくため、毎月1回は通院が必要。時間もかかります。

効果を実感するまで最低6ヵ月くらいは考慮しておく必要があり、さらにAGAは完治するようなものではないため、改善した後も継続的に通う必要がある。

一般病院の皮膚科であれば、地方でも不便なく治療を受けられますが、一般的に「プロペシア」を処方されるだけ。皮膚科の医師は毛髪の専門ではないため、改善率はガクッと下がるので、おすすめできません。

交通費と時間はかなりの負担となり、途中で挫折する理由にもなりますから、念頭に置くことが大切です。

まとめ

・治療費用が高くなる

・単純に各クリニックの治療法を比較できない

・AGA専門クリニックは都市部に集中している

初期の薄毛であれば、育毛剤や育毛サプリなどを用いて自分で簡単に対策できますが、AGA治療クリニックを検討されている方は、これらで効果がなかった。もしくは、すでに進行してしまった状態でしょう。

そういった場合、ある程度の負担は覚悟してのぞまないといけない。しっかり自分にとって有益なクリニックを選びましょう。

また、クリニックは高いからといって、個人輸入という形で勝手に服用される方も多いですが、偽物だったり重篤な副作用を引き起こしたりするケースが報告されているので、AGA治療薬は専門医の指導のもとで服用しましょう。

薬治療や毛髪再生治療の相場はこちらで紹介しています。

⇒ AGAクリニックの費用と治療法!価格順にまとめてみた

この記事の著者

すどう ゆうき

すどう ゆうきAGAの克服について情報発信

この著者の最新の記事

関連記事

SBC毛髪再生医療センター

地域別おすすめクリニック

アーカイブ

ページ上部へ戻る